スポーツ新聞部シリーズ

【愛の◯◯】ほんとにとってもとってもとっても美人な年上のお姉さんだ……!

年上のJKがいじめる~

【愛の◯◯】おれはおれを取材する

椛島先生、ひさしぶり

【愛の◯◯】恵那の忠告

見えないものが、見えている、彼女

【愛の◯◯】新学期早々じれったいスポーツ新聞部……

ほやっ

【愛の◯◯】花火は――残酷に、舞い上がり舞い上がる。

※前日の記事と同じ、夏祭りの夜です

【愛の◯◯】決意のお誘い

シリーズ・人間模様~スポーツ新聞部の場合~

【愛の◯◯】いいかげん高校生になってくれてもいいじゃないのっ加賀くん

この中4!!!!!!

【愛の◯◯】岡崎さん、くすぶって、また、くすぶって

燻(くす)ぶる

【愛の◯◯】岡崎さんもぶちまけてしまった

瀬戸くんはどうした

【愛の◯◯】あいまいな抱擁

お兄ちゃ…岡崎さん

【愛の◯◯】兄が重なる瞬間(とき)

その気になれば、岡崎さんのことだって――

【愛の◯◯】「岡崎くんのことはあなたのお兄さんだと思いなさい」

椛島先生、無責任なのか、はたまた…

【愛の◯◯】あすかさんが近寄るどころか密着してきた

あすかさんっからだがあたってるよっからだがあたってるってばからだが

【愛の◯◯】ぶちまけた駒とぶちまけた感情

岡崎くん拒絶されちゃったね……

【愛の◯◯】近距離きょうだいゲンカと遠距離恋愛宣言

些細なことでアツマとケンカしてしまったあすかの前に現れたのは――

【愛の◯◯】こわれたスイマーの願い

元スイマーの男子高校生と、現スイマーの女子高校生の、不ぞろいなコミュニケーション。

【愛の◯◯】「いいかげんにしなさい」もホドホドに

将棋の第1手は、▲7六歩か▲2六歩だと決まっている。 角道を開けるための▲7六歩か、飛車先を伸ばすための▲2六歩。 素人のわたしには、そういった意図が▲7六歩や▲2六歩にあることぐらいしか、わからない。 加賀くんに、「なんで将棋の初手って▲7六歩か▲…

【愛の◯◯】楽器なんかできないと思ってた

放課後。活動教室にあすかちゃんが不在なのを不審に思ったらしく、新入生の加賀くんが、 「『あのひと』、きょうは来ないのか?」 と相変わらずのタメ口で訊いてきた。 わたしは、わざとトボけたふうに、 「『あのひと』って、どのひと?」 すると加賀くんは…

【愛の◯◯】二歩とリア充

加賀くんは、みごとに、作文の課題を椛島先生に出すことに失敗した。したがって、加賀くんのスポーツ新聞部入部が決まった。 1年生部員を確保できたものの、これで一件落着、とは行かなそうだ。 × × × わたしは加賀くんと将棋を指している。 もちろん駒落ち…

【愛の◯◯】駒と芝居の因果

岡崎さんは新入生の加賀くんに将棋7番勝負で一度も勝てず、加賀くんの入部は叶わなかった。 「もう、彼は来てくれないんだろうか……」 ため息ついでに、瀬戸さんが嘆く。 「あんなヤツ、むしろ来てくれないほうがいいよ。将棋部のほうが絶対向いてるよ」 「…

【愛の◯◯】反抗期の中学生みたいな男の子が、スポーツ新聞部にやってきちゃった

新学期になって、髪を少し切った。 同級生の奈美は、 「似合ってるじゃん、でも、なんで?」 と言ったが、 「なんとなく」とわたしは答えた。 「あいまいな表情だね」と奈美。 「あいまいじゃないよ」とわたしが突っぱねたら、 「ふ~~ん」と奈美は少し笑っ…

【愛の◯◯】史上最大の引き継ぎ

卒業の日も近い中村部長が、福岡での大学受験から帰ってくる。次期部長の桜子はーー。

【愛の◯◯】桜子の悪いクセ発動… ハグって、沈黙。

スポーツ新聞部で瀬戸くんとあすかが雑談していただけなのに、なぜか最終的にあすかが桜子さんに抱きしめられる案件。

【愛の◯◯】嫉妬にも似た感情は、純粋な尊敬に変わっていったけれどーー。

スポーツ新聞部2年の岡崎くんの内面。

【愛の◯◯】スポーツ新聞部の会話ははてしなく脱線する

中村部長が不在であっても、話題があらぬ方向に飛んでいく、スポーツ新聞部。

【愛の◯◯】わたしのバスケ、岡崎さんのバスケ、兄貴のバスケ……

「スポーツ新聞部」。センバツ出場校紹介の記事をめぐり、あすかと岡崎が口論になってしまう。激怒したあすかが活動教室を脱走して向かった先はーー

【愛の◯◯】「『球界の盟主』って、なに?」

ちなみに中村部長はソフトバンクの本拠地の私大を受験するようです

【愛の◯◯】スポーツに詳しくないスポーツ新聞部顧問!?

あゝ椛島先生

【愛の◯◯】次期部長:桜子さん、次期副部長:瀬戸さん

ジェラシーtake2

【愛の◯◯】わたしの、わたしたちの胸の中に

あすかちゃんの大きな胸の中に(爆)