【愛の◯◯】わたしの不安を受け止めて…

読書量セーブ生活、初日。 

 

放課後

 

とりあえず、図書館で自習……。

 

あれ?

 

勉強するってことは、

教科書、読んでるってことで、

あんまり「読書」と変わらないんじゃないのか、

という疑問が出てきた。

 

じゃあ「本」って、いったいなんなの。

この教科書の出版社、東京「書籍」だし。 

 

辞書は?

雑誌は?

 

なにが本で、なにが本じゃないのか、

わたし、わかんない。

 

「(わたしの肩にぽん、と手を置いて)羽田さん、部活終わりの時間だよ」

「伊吹先生。

 もうそんな時間ですか。

 部活終わりって言っても、きょうわたし部活に参加してませんけど」

「こまかいことはどうでもいいのよ。

 羽田さん、鬼気迫る勉強ぶりだったよね、ねえ香織さん?」

 

そんなに集中してたのか、わたし。

(>_<;)読書にもこのくらい集中できればいいのに……! 

 

 

 

 

 

戸部邸

じぶんの部屋で、机に向かう

 

「ふう」

 

「できるだけ、長く、読んでみよう」

 

~読書チャレンジ中~

 

10分後

 

「(-_-;)だ、だめだあ、もうげんかいだあ」

 

 

わたしの精神(こころ)が、本に拒絶反応を示しているのか、

本が、わたしを拒絶しているのか、

皆目見当がつかない。 

 

渡り廊下

コーヒーでも飲もうと思って、

フラ~リと部屋の外に出た、

ら。 

 

「どうしたあ?」

「(@_@;)アツマくん」

「目が回りそうじゃねえか」

「(@_@;)うん、たぶん、まわってるんだと思う」

「おいおい」

 

とりあえず、

アツマくんのからだに、

真っ正面から倒れこむ。 

 

「おい」

たすけて、ピンチなの。

 正義の味方が必要なの

「…愛さん??」

 

 

「……『また』本が読めなくなっちゃった」

 

アツマくんにすがりついたからって、

なにも変わるわけじゃない。

 

だけど。

 

いまのわたしの不安を受け止めてくれる、

正義のヒーローは、

アツマくんだから、

アツマくんの胸の中に、

気がついたら、顔をうずめていた。

 

【愛の〇〇】読書がピンチ!!

放課後

図書館

 

「羽田センパイ」

 

「……羽田センパイ?

 疲れてるんですか?」

 

「( ´ㅁ` ;)川又さん……。

 本読むの、しんどい……

 

「ど、どうしちゃったんですか、せんぱい!?!?

 せんぱいがせんぱいじゃないみたいじゃあないですか!!」

 

「川又さん、ごめん、この本、棚に戻してきて……。

 保健室寄って、帰る……」

 

 

 

保健室

保健の一ノ瀬先生に、

弱音を吐いた。

 

「10ページ読むと、疲れちゃうんです」

「気がかりなことは?」

「特には…」

「ちゃんと睡眠時間、とれてる?」

「('﹏*๑)…ちょ、ちょっと、短いかも」

「夜更かししてるの?」

「いいえ、勝手に眼がさめるんです」

 

「(優しく)前にも、本読むのがイヤになったことあった?」

「ありました」

「そのときは、どうやって乗り切った?」

 

い、

言えるわけない、

アツマくんの助けを借りたなんて。

 

 

でも。

 

「す、す、す、すきな男の子に、なぐさめてもらいました」

「(唖然)」

 

「でもわたし! 今度こそ自分のことは自分で解決したいんです。

 だって、わたしから読書を取ったら、なんにもなくなっちゃう、」

「コラ、そんなこと言わないw」

 

一ノ瀬先生が、

わたしの両肩に手を置いて、

じーっとわたしを見つめている。

 

「思い詰めすぎだよそれは。読書を重くとらえすぎ。

 本が読めなくなったぐらいで、なんにもなくなっちゃうわけないじゃん。

 余裕がないのね、きっと。

 そういうときは、すこし離れてみるのよ。」

「離れるってーー、読書から離れるって、ことですか」

「そう!」

「こわいです、一生読書ができなくなっちゃいそう」

「そんな大袈裟な考えに行き着くときこそ、離れてみるものよ。」

 

「完全にパタッとやめるのがこわいなら、減らしてみればいいじゃん。

 1日10ページとか」

「( ºωº ;)す、すくなすぎます!!」

「そう? 

 リハビリだと思って、やってごらんなさい」

 

「一ノ瀬せんせえ……(こらえきれず抱きつく)」

「あららw」

 

 

 

わたしは、

いったん読書から、

距離を置いてみることにした。

【愛の◯◯】大きな弁当箱(後日談)

昨晩

「よー、愛、どうだった? きょうの弁当のデキはw」

 

「……」

 

「ど、どうした」

 

「……」

 

「愛!?」

 

「………………もっとふつうにつくって

 

「へっ!?」

 

もっとふつうに作ってってば!!

 メモ用紙とか挟まないで!!!

 

「(^^;)あー、『あれ』か」

 

 

 

(立ち去りぎわに)「からあげ、」

 

「からあげがどうかしたか」

 

「……からあげ、おいしかった。

 またつくって

 

 

 

× × ×

今晩

 

「( ゚д゚)愛!?

 おまえ、なんだそのカッコウは。

 演奏会に出るのに着ていく、ドレスみたいじゃねーか」

 

「ほ、ホワイトデーにもらったチョコの、お返しみたいなもの」

 

「なんだそれww」

 

笑うなっ!!

 お弁当作ってもらったから、アツマくんの好きな曲、なんでも弾いてあげる」

 

「だからって、わざわざドレス着なくたっていいだろ。

 大げさだぞ」

 

「💢」

 

・勝手にグランドピアノを弾き始めた愛

 

「ヤンチャだなあ、おまえはww」

 

「💢💢」

 

♪まさかの不協和音♪

 

あ、あれ、うまくひけなかった

 

「(*^▽^)」

 

な、なによぉ

 

「(*^▽^)いや、そういうおまえの表情、かわいいなあ…って」

 

あー、もう!! 

 好きな曲何でも弾いてあげるから、はやく言いなさいよ!!

 

 

【愛の◯◯】大きな弁当箱

戸部邸

月曜日。

新しい1週間のはじまり。

 

少しだけ遅く起きて、

少しだけいつもより眠かった。 

 

少しだけ眠い目をこすりながら、

階段を降りて、

ダイニングへと向かう。 

 

「おっはよ~。

 あ、あれ!?

 

アツマくんが、

わたしより早く起きて、

台所に立っている。 

 

「どうしちゃったの」

「どうもこうもない。

 料理してるんだ」

「でもそれ朝ごはんじゃないでしょ」

「そうだよ。

 だって弁当だもん」

「えらいじゃない、大学にお弁当自分で作って行くなんて。

 いい心がけよ」

おまえのもあるぞ

 

びっくりして、

一気に目が覚めた。 

 

えっ、なに、それは、つまり、どういうことになるの

「なんだ、おまえの弁当も作ってるってことに決まってるだろー。

 ニブいなあ」

は、はじめてだよね、こういうこと

「おれも大学生だからな!」

「関係ないと思うけど」

「でもたまにはいいだろ、こーゆーのも」

「たしかに」

 

× × ×

 

「ねえ、アツマくん……、

 お弁当とは関係ないんだけど」

「なに」

いっしょにアツマくんの服買いに行こうよ。

 夏物の服

「いつ」

「できるだけはやく」

「アバウトだなあ」

(ムカッとして)じゃあ今度の土日!!

「カルシウム不足か?」

「は!?」

「おれの弁当でも食っておちつけ」

 

そう言って、

アツマくんはわたしにお弁当を渡してくれる。

 

……いただきます

「いってきます、だろ?」

……いってきます

 

 

 

学校

昼休み

 

昼休みのチャイムが鳴った。

誰にもさとられないように、

こっそりと、教室を抜け出そうとした

もちろん、アツマくんの手作り弁当とともに。

 

「愛ちゃん、どこ行くの?」 

というアカちゃんの声が聞こえたが、

聞こえてないふりをして、

どうにか廊下に出ることができた、

と思ったら、

こんどは、

不運にも、

廊下に出たわたしの正面に、

さやかが待ち構えていたのだった。 

 

「あんた弁当持ってどこ行くの」

「これはーー、えーーーーーーーーーーーっと」

「(優しい微笑で)ひとりで食べたい?

 そっとしてほしいことでもあった?」

「あるっちゃ、あるんだけど」

「歯切れ悪いなあ。

 あっ、愛の弁当箱、いつもより大きい

 

ニヤリとするさやか。

追い打ちをかけるように、

アカちゃんが近づいてきて、 

 

「本当だ。

 まるでアツマさんが食べるみたい

 

 

わたしは黙って自分の席に戻った。

アカちゃんとさやかが、楽しげな表情を浮かべている。

 

弁当箱の入った包みを、ゆっくりゆっくりほどこうとした。

 

だんだんと、クラスメイトが、わたしの周りに群がってきた。

 

「み、みせものじゃないのよ」

「あ、カードみたいのが入ってる」

「か、かってにひろわないでよ、さやか!!」

「『この前のお返し。アツマより』」

 

おおお~っ

 

震える手で、

大きめの弁当箱を、

パカっと開けた。

 

おおおおお~っ

 

 

 

【愛の◯◯】バリトンの彼

八木家(マンション)

 

もう着替え終わって、自分の部屋の姿見で、わたし自身の身体をじっと見ている。 

 

「はー(溜息)」

 

× × ×

 

「お父さん行ってきます」

「おー、気をつけてな」

 

お父さんは、わたしが予備校に出かけるとき、『がんばってこい』とは言わずに、必ず『気をつけてな』と言う。

 

お父さんなりの、配慮かもしれない。 

 

わたしが通っているのは、駿台でも河合でも東進でもない。

無名の予備校だ。

塾、といっていいような規模の小ささかもしれない。

 

だからアットホームで、講師と生徒の距離、生徒と生徒の距離が近い。

 

”クラスメイト”の名前は、ほとんど覚えてしまった。

 

中学・高校とちがって、クラスメイトに男の子がいて、男の子の比率のほうが高い。 

 

そんな中に、工藤卓くん、という男の子がいる。

 

下の名前(「卓」)の読み方が、「たく」なのか「すぐる」なのか、いまだにハッキリしておらず、あいまいなままになっている。

 

ただ、工藤卓(くどう たく)を縮めた『クドタク』というニックネームが定着していて、みんなーーとくに男子ーーが『クドタク』『クドタク』と気安く呼びかけており、本人もそれをよしとしている。

 

わたしは、ふつうに「工藤くん」と呼んでいるけれど。

 

わたしが工藤くんを『クドタク』と呼べないのには、理由がある。

 

 

高等部時代に、放送部のコンテストで、工藤くんと面識があったからだ。 

 

工藤くんは男子校の放送部で、部員が極端に少なかったからだろう、番組制作部門にはエントリーせず、個人戦(朗読/アナウンス)にだけ参加していた。 

 

工藤くんは滑舌なめらかで、原稿を読むテンポには適切な間(ま)が生まれていて、読む技術は卓越していた。

それに加えて、工藤くんの書くアナウンス原稿は、構成が巧みでしかも劇的だった。わたしが見習いたいぐらいの文章力だった。

 

 

 

 

でも、わたしがいちばん気にいっていたのは、工藤くんの「」だった。

 

 

 

回想

・放送部コンテストの会場

 

「ねえ、八重子、工藤くんの声って、ほかの男子とちょっと違うよね」

「あんたも気づいた?

 低音だよね。

 バリトン、っていうのかしら」

 

・帰りのロビー

 

結果と、審査員の先生方の講評を受け入れて、わたしはロビーの椅子で半ば放心状態になっていた。

 

すると! そんなわたしに、工藤くんが、声をかけてきたのだ。

 

「ねえ、君、八木さん、だよね」

「そうですが」

「僕は不服だよ。八木さんもてっきり本選に通るもんだと思ってたのに」

「(いぶかしげに)それはどうも。」

「ねえ、君、アナウンサーを目指しているんじゃないの」

「(驚いて)そ、そう見えた!? わたし……」

 

「君のアナウンスを聴いていて、『努力している』って思って、さ」

「………………実は迷ってるの。

 ワセダで…いいえ大学で、社会学専攻に入って、放送局の入社試験を受けるのが、これまでの、わたしの夢だった」

「いまはちがうの?」

「ちがわないといえばちがわないけど、ちがうといえばちがう」

 

 

 

 

× × ×

 

いきなり話しかけてきたことも強烈な印象だったけれど、それ以上に工藤くんの、

語り口が、

話しかたが、

そしてバリトンみたいなの質が、 

わたしのアタマに焼きついて離れなかった。

 

 

放送部を引退したら、もう工藤くんと会うことはないんじゃないかと思うと、ハッキリ言って、さみしかった、わたし。 

 

そのさみしさは、小泉や葉山たちには秘密にしていた。

一度も工藤くんについて話したことがない。

 

その後、進路指導の先生とケンカしたり、センター試験で絶望的な点数をとったり、そのショックを癒やすために小泉と温泉旅行に行ったりしているあいだは、工藤くんの記憶は、うすれていた。 

 

 

だけど工藤くんは、再びわたしの前にあらわれた。

しかも弱小予備校の、クラスメイトとして。 

 

その事実がわかったとき、口から心臓が飛び出そうになった。

 

ただーー。

 

工藤くんの第一志望は、京都大学で、

第二志望は、大阪大学だった。 

 

 

 

 

でもーー。

 

 

【愛の◯◯】凛として時雨とナンバーガールでてんやわんや!?

戸部邸

リビング

 

・自分の世界に入り込んでいるかのように、愛が、ヘッドホンで音楽を聴いているリビングのでっかいソファー。

 

・そこに、階段を降りてきたアツマが近づいてきて、愛の横のソファーにどっか、と着席する。

 

 

 

(何聴いてるんだ、愛のヤツ。

 ま、ジャマしちゃいけないから、自分の世界に浸らせておいてやろう)

 

・勉強を始めるアツマ。

 

(英語の課題が出たんだよねー。

 ローリング・ストーンズの曲の歌詞を訳してこいっていう、カンタンなようでカンタンじゃない課題)

 

「歌詞カードやwebでの和訳のコピペには点数あげないっていう。

 当然だけど、なかなかきびしいんだ」

「(いつの間にかヘッドホンを外して)あたりまえでしょそれは。コピペは重罪だよ」

「おぉ、愛ちゃんおかえりー」

「『おかえり』!?」

「音楽の世界からこっちの世界に戻ってこられた」

「たしかに……アツマくんが自分の部屋から降りてきたのには気がつかなかった」

「ヘッドホンまで持ち出して、なにを聴いていたんだい?」

 

凛として時雨

 

(;゚Д゚)マジで!?

マジで

 

 

i'mperfect

i'mperfect

 

 

i'mperfect

 

 

「あ、愛にしては、趣味が最近だなーと思ったんですが」

「関係ないわよ。わたし時雨、好きなの」

「某週刊誌で『何を歌ってるのかわかんない』と叩かれたとか」

そんなこと書いたの、どの老害よ!?

「(;゚Д゚)あ、愛が『老害』と言っただと!?」

 

 

・そのあとで、アツマはひたすら愛から、凛として時雨に対する批判がいかに的外れなのかを聞かされるのだった。

 

『クドクド……』

 

「うん、お前の言い分(ぶん)はーー」

「わかるでしょう!?」

「半分わかって、半分すぐには呑み込めないな」

「(ガクッ)」

 

・おもむろに、ヘッドホンを愛からぶんどるアツマ。

 

「おれは邦楽のレジェンドを聴くぞ」

「なに聴くつもりなの」

ナンバーガール

「レジェンド……なの!?」

「何言ってんだ、レジェンドに決まってんだろ、メジャーデビュー20周年なんだぞ、『透明少女』から20周年」

「でも再結成するよね」

「何言ってんだよ。

 レジェンドだから再結成するんだし、再結成するからレジェンドなんだろ」

「(意味深に)ロビンにしても、秀徳にしても……

「?」

 

×

 

×

 

×

 

ナンバガは秀徳のMCもおもしろいよな。

 ほら、ライブ盤で、曲と曲の合間にはさまれる『語り』」

 

「アツマくんに、理解度の確認」

「はぁ?」

「あなたがこれから聴こうとしている、ナンバーガールのライブアルバムのタイトルを答えなさい」

「えーっと……、サッポロ、サッポロなんとかかんとかじょーたい

「ざんねーん。

 あなたにとって、ナンバガは、レジェンドになり切っていない!」

「意味わからん。

 だいいちおまえは正式タイトル言えるのかよっ」

「『サッポロ OMOIDE IN MY HEAD状態』」

 

 

ライヴ・アルバム ?サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態

ライヴ・アルバム ?サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態

 

 

「(-_-;)くそっ……」

 

「ちなみにナンバガにはこれ以外にもライブアルバムがあるのです。

 知ってましたか? アツマくん」

「(-_-;)知らんかった……」

 

シブヤROCKTRANSFORMED状態

 

 

シブヤROCKTRANSFORMED状態

シブヤROCKTRANSFORMED状態

 

 

 

【愛の◯◯】部長(ドクター)ストップ あすかちゃん

コパ・アメリカやらACLやらなでしこやら、サッカーのビッグイベントが重なっているうえに、大谷翔平は大活躍するし、NPBでは絶賛交流戦中で、すべての結果に目を通していると、くらくらしそうになる。 

 

誕生日にお兄ちゃんからもらったパソコン、前のより挙動が重くないのはいいんだけれど、回線が速いせいで逆に、スポーツ関連のサイトの見過ぎで、わたしの造語だけどーー『情報中毒』になっちゃいそう。 

 

サッカーや野球の結果は、洪水のようにアタマに流れ込んでくるのに、肝心のアウトプットがーー停滞している。

 

高性能なOS、文章もサクサク入力できるはずなのに、文書作成ソフトを立ち上げても、ほとんど言葉が浮かんでこない。

 

ようやく、タッチタイピングもさまになってきたというのに、タイピング能力の向上と反比例するかのように、文章をつくる能力が急降下している。

 

いろんな人たちに、文章の才能を認められたことが、逆に現在のスランプ状態を引き起こしたきっかけになっているような気がする。

だからといって、わたしに文章の才能を見出してくれた人たちを恨むなんて、とんだ筋違いだ。

筋違いにもほどがある。

 

自己責任。

 

でも……、”文章の才能”って、いったい、なに……? 

 

 

放課後。

わたしは気が重かった。

 

校内スポーツ新聞に載っけるはずの、サッカー&野球速報記事が、半分も書き切れなかったからだ。 

 

言えば、許してくれるんだろう。

正直に、中村部長に「書けませんでした」とお詫びすれば、部長は笑って許してくれる。

しょうもない穴埋め記事で、わたしができなかったところをカバーしてくれる。

怒られる、なんてことは、ちょっと考えられない。

 

でもーー、もし、こちらの予想に反して、中村部長が怒ってわたしを叱ってきたりしたら。

 

怒られないにしても、部長がガッカリしてしまって、失望の色のにじむ表情が、わたしの眼球に突き刺さってきたりしたら。

 

その、「万が一」が、わたしは怖くて、部室におそるおそる入ってじぶんの席に着席してからも、しばらく原稿を落としたことを誰にも言い出せずに、ただ時計の針だけを見つめていた。

 

時間が来たら。

時間が来たら、きっと中村部長のほうからわたしに、わたしの原稿がどうなったのかということを、訊いてくるだろう。

その時、あやまればいいんだ、そうわたしは思っていた。

ただし、ちゃんと部長にあやまれる自信はなかったけれど。

 

ところがーー。 

 

 

あすかさん、保健室で休んできたらどうだ?

 

 

中村部長がわたしのほうを見て、開口一番、こう言ったのだ。

 

中村部長はおだやかに笑って、 

 

「顔色が悪いよ。

 サッカーの試合がたくさん重なったりして、球技担当のきみはグロッキーになってるんじゃないかって心配してたんだ。

 不安が的中しちゃったみたいだねえ。

 ごめん……あすかさんに、負荷をかけすぎてしまった」

 

「あ、あやまるのは部長のほうじゃないです、わたしのほうです。

 あのーー、

 原稿、全然書けませんでしたっ!!」

 

「あすかさん、『代原』って知ってる?」

「はい、原稿が落ちたときの、埋め合わせの……」

「ボクはねえ、代原のストックが、原稿用紙1000枚以上あるんだ」

 

部長は、おだやかに微笑み続けていた。 

 

だから、そんなに気張らなくていいんだよ。

 保健室に行ってらっしゃいな

 

 

 

食い意地を張って、アカ子さんが持ってきたドラ焼きを4枚食べ、「嫉妬」? にかられて自分の部屋のカーテンを破いてしまった日あたりから、流れがよくない感じがする。

 

おねーさんとも、一瞬ぎくしゃくしたし。

翌朝には仲直りできたけど。 

 

× × ×

 

保健室。

天井の蛍光灯を、ベッドで見つめている。

 

 

ドクタースランプ……じゃなくって、『ドクターストップあすかちゃん』か。

 中村部長、なんだか、博士(はかせ)みたいだし」

 

 

冗談をひとりごちて笑える余裕を作ってくれたのは、たぶん博士(ドクター)中村部長の優しさのおかげだ、と思いながら、わたしは夢の世界に入り込んでいった。

 

 

【愛の◯◯】葉山先輩、『鉄道ファン』通巻699号に悪戦苦闘!?

葉山家

注文していた、

鉄道ファン

7月号が届いた。 

 

鉄道ファン 2019年 07月号 [雑誌]

 

じつは、あすにはもう、

8月号

が発売されるらしく、 

しかも8月号は、

「創刊700号記念特別号」

らしく。

 

ま、そこは大人の事情というか、

なんというか。

 

『タイミングが悪かったね』とキョウくんには言われた。

彼は、読書家ではないが、『鉄道ファン』の愛読者である。

 

今回『鉄道ファン』7月号を注文したのは、

キョウくんの影響でーー、

鉄道の世界を、垣間見たかったのである。

 

 

でも……。

 

LINEでのやりとり

 

『キョウくん……、』

 

『鉄道ファン届いて、』

 

『読み始めたんだけど、ね、』

 

『何が書いてあるか、』

 

『まったく、わかんにゃいw』

 

× × ×

 

『笑』

 

『それは仕方ないよ』

 

『おれだって、』

 

『文字の部分をぜんぶ読んでるわけじゃないから』

 

× × ×

 

『どのくらい、文字に目を通してるの?』

 

× × ×

 

『うーん』

 

『6割?』

 

『むつみちゃん、』

 

『とにかく写真を見ることだよ』

 

『列車の写真を見続けるんだ』

 

『「感じる」んだ、』

 

『考える前にね。』

 

『そうすればさ、』

 

『好きな車両がたぶん見つかるから』

 

× × ×

 

『カッコいいこと言っちゃってw』

 

『わかった』

 

『本文より写真なのね』

 

× × ×

 

『そうだね、最初はね』

 

 

 

 

 

× × × × ×

 

ちなみに、キョウくんにとって、

JRA……じゃなかった、JRは、

 

・ 九州→四国→西日本→東海→東日本→北海道

 

の順で、興味があるらしいです。