【愛の◯◯】あすかのシリアスな胸のうち

きのう、中学の同級生の久里香(くりか)と会った。

 

久里香が髪をバッサリ短く切っていたのでびっくりした。

どんな心境の変化だろうと思って、「どうしたの!?」と思わず久里香に向かって声が出た。

そしたら久里香は、

「スッキリしたくて。」

と、笑顏で応えたのだった。

 

久里香は、髪を切ることで、なにかを拭い去りたかったんだろうか。

なにか、って、なに?

ストレス?

不安?

悲しみ?

絶望?

 

ーーいずれにせよ、自分にまとわりつく、「不穏なもの」を拭い去って、久里香は気分を一新したかったんだと思う。

久里香は高校に入って、なにかに挫折したんだと思う。そうでなきゃ、髪なんて切らない。

 

わたしが、久里香の立場だったらーー?

 

じつは、

「スッキリしたくて。」

という、髪を切った理由を説明する久里香のことばに、わたし、共鳴するような感覚を覚えた。

共鳴、っていうのは、どういうことかっていうとーー、なにかモヤモヤしたもの、もっというと、不穏さとか苦しさとかを、わたし自身も抱え込んでいるんじゃないかっていう、そんな意識があったから、久里香にシンパシーを感じたっていう、まあそういうところ。

シンパシーをお互いに感じてなきゃ、親友になってないけどさ。

 

不穏なものや、苦しいっていう感覚が、胸にぐーっ、とせり上がってくることが、自分の部屋で独りでいるときとかに、さいきんは結構な頻度で、ある。

そんな息の詰まった感覚を、おねーさんやお兄ちゃんに投げ出したいという気持ちが、時にこころをかすめてーーでも、この問題は自己責任なんだって、思い直して、投げ出せない。

『この問題』って、どんな問題か? っていうと。

…久里香が髪を切ってしまったのと、事情が絡み合うような気がしてならないけど、これは火を見るより明らかで、つまりーー。

 

ハルさんとのあいだの問題と、

アカ子さんとのあいだの問題とで、

わたしは、袋小路に入ってしまっているのだ。

 

きょうは、ひたすら邸(いえ)のテレビで夏の甲子園中継を観ていた。 

星稜vs智弁和歌山みたいに、ドキドキする試合展開になったとき、ドキドキするのに混じって、こころの疼(うず)きを感じ取ってしまい、思わず胸を手で押さえることがあった。

高校野球とは、もちろん何らの関係もない、個人的なこころの疼(うず)き。

 

ーーわたしが、久里香同様、髪を切る日も、近いのかもしれない。

 

あ。

久里香と会って、ショックだったこと。

 

帰ったあとで、

 

あすか、また胸が大きくなったね

 

って、LINEで指摘された。

LINEだからって、言っていいことと悪いことがあるでしょ? 

久里香……。

 

 

【愛の◯◯】すき焼き風の煮物のヒミツ

戸部邸の夕食

  • わたし
  • アツマくん
  • 流さん
  • 明日美子さん 

の4人で食卓を囲む。

 

あすかちゃんはーー、

 

「ところで、あすかどうしたんだ」

「なんにも聞いてないの? あっきれた。

 久里香(くりか)ちゃんと遊ぶ約束してて、出かけたのよ。

 晩ごはんも、久里香ちゃんといっしょ」

「ああ、あすかの中学の同級生だった子か」

「会ったことあるでしょ……」

「あるよ」

「じゃあ今思い出したような言い方しなくてもいいじゃない💢」

 

「まあまあ、愛ちゃんw」

「流さぁん、アツマくん、ひどくないですか~」

「たしかに。

 でも、じつは僕も、あすかちゃんには本当に失礼なんだけど、」

「?」

「あすかちゃんって、同い年の友達、少ないのかなあっていう、疑念があって」

そそそそそそそそんなことないですって!! 普通に同級生の女の子と遊んでますから!!

 

「今風の言葉で、『ぼっち疑惑』ってやつ?」

アツマくんはほんとうにひどいね💢💢

 

「まあ、それはいいとして、」

「急に話を変えないでよ」

すき焼き風の煮物って、珍しくないか」

「わたしがつくった夕飯のおかずの話!?」

「そう、おまえが作ったすき焼き風の煮物の話。」

 

「め、珍しいことは別段ないと思うけど。

 た、ただ、頻繁には作らないよね、アハハ」

「そうかもな。

 ところで、

 おれ、思うんだけどさ。

 おまえがすき焼き風の煮物を作るときって、なんだか特別な理由があって、作ってるような気がするんだよな」

 

 

 

どうしてわかったの……。

 アツマくん、名探偵?

 

 

流さんと明日美子さんが、

必死に笑いをこらえている。 

 

 

「じゃあ、特別な理由があるんなら、いったいなんだよ?」

「た、たべおわってから、はなそうね、そのことは」

「まあーー、

 

 『すき焼き風の煮物は実はおとうさんの得意料理で、おとうさんが恋しいときに限って、すき焼き風の煮物を作る

 

 こんなところなんだろ」

 

 

 

どうして、どうしてわたしの心が読めるの!?

 

 

「ーーあのなー。

 超能力使ってるわけじゃないんだよ。

 愛、おまえがここに来てから、もうすぐ丸3年なんだぞ?

 経験っつーもんだよ、経験!

 

 それにさ……。

 前に、おまえがキッチンで、すき焼き風の煮物を作っているところを通りかかったことがあったんだけどさ、

 おまえ……遠くの空を見るような顔してた……なんというか、すごく『いとおしそう』な眼をしてた。

 おとうさんが、いとおしかったんだなw」

 

 

「守くんの得意料理だったのよ、すき焼き風の煮物w」

「じゃあ、アツマくんは明日美子さんからーー」

「わたしはなんにもいってないよ?ww」

 

「愛ちゃん。」

「は、はい、流さん。」

「アツマがそれだけ、愛ちゃんのことを理解できてるってことの、裏返しだと思うよ。これは」

 

わたしは少しだけうつむく…。 

 

「だから、アツマは、偉いと思うよ、僕は」

 

アツマくんを、

ほめてあげたほうが、

いいのかな。

いや、

ほめる、べき、

なんだろうな。 

 

おれ、自分で自分をほめてあげたい

「そのセリフはアトランタで42.195キロ走ってから言いなさいよ💢」

 

 

【愛の◯◯】うちのメイドとケンカした!

はいどうもー、

アカ子ですよ!

 

……、

約1ヶ月ぶりの登場みたいなんですけど。

 

嫌われてるのかしら、わたし?

 

しかも、

しかもですね、

わたし、

きいてくれませんか、

わたし夏風邪をひいてしまったんです。 

 

約1ヶ月干されたうえに、この仕打ちですか…!

 

「どうしたんですか? 怒ったような顔して」

「ギクッ」

 

「け、形而上学的なことを考えていたら、ストレスが出てきたのよ。」

形而上学的? なんじゃらほい、ですねえ」

「どうせ難しいからわかんないわよ、蜜柑には」

「えーっ、それってわたしが頭悪い、ってことですかー。

 (勝手にわたしのベッドに腰掛け、)ひどいですお嬢さまぁ~」

「泣き真似しない💢」

怒ると風邪が長引きますよ!

わかってるわよ!!

 

 

なんか、言い合いみたいな雰囲気になって、

気まずい沈黙が流れた。 

 

 

 

「(事務的な口調で)愛さんには、お断りの電話をしておきましたよ」

「うん。

 残念だけど。」

「ーーで、代わりにだれに来てもらいますか?」

「はぁ!?」

「お見舞いに。」

「ど、どうせ『ハルくんはどうですか?』とか、”けしかける”心積もりだったんでしょ!?

 そんな色恋沙汰が好き? ねぇ!!

「(怒りっぽい口調になって)わたしはそんなことひとことも言ってませんが!

どうせこれから言うつもりだったのよ!!

言うつもりも何も、最初っからそういうこと思ってませんでしたから!!

 もう勝手にひとりでアタマ冷やしたらどうですか!?

 

 (ベッドから立ち上がり)そのほうが夏風邪も勝手に逃げていく気がしますけどね💢

 もうめんどう見切れません💢💢

 

 

「蜜柑」

「…(黙って部屋のドアに向かう)」

 

「待って、蜜柑」

「(ドアノブを持ちながら)……」

 

「わたし、それでこそ蜜柑だと思うわ」

「(ドアノブを持ったまま)……『それでこそ』、ってなんですか、どういう意味ですか」

「ケンカするほど仲がいい、ってよく言うじゃない。

 もっと怒ってよ、蜜柑」

「はいぃ!?」

「あなたにはただのメイドでいてほしくないのよ……」

「こんなウザいメイドで満足なんですか」

「満足とかそういう問題じゃないの。

 好きなのよ……なんだかんだで、あなたみたいな存在が」

 

「(ベッドを振り向いて)……おじょうさま?」

「あなたとわたし、ときどき言い合いのケンカに発展するくらいの関係が、ちょうどいいでしょ。そう思わない?」

「あなたはわたしに何を期待してるんですか。

 天涯孤独で、学歴もなく、口の悪い住み込み働きのーー」

「そこまでにしときなさい」

「……」

「ね、わたしとあなたの仲でしょ、長い付き合いでしょ」

「で、でも、『親しき仲にも礼儀あり』と」

「ケースバイケースよ、この場合、礼儀なんかいらないわ。

 ーーねえ、ここ(←ベッド)に座ってよ、蜜柑」

 

(蜜柑はどさぁっ、と無造作にベッドに腰掛ける)

 

「ね、遠慮なんかいらないでしょw

 それでーー、」

「それで? どうしたいんですか?」

「……わかってるくせにっ」

「ま、『長い付き合い』ですしねぇww」

 

 

 

 

 

 

 

『もしもし……ハルくん?

 

 わたしよ。

 

 そう、アカ子。

 

 変な声でごめんね、風邪ひいてて。

 

 …そうよ、風邪なの。

 

 …! 

 …ありがとう。

 

 

 それでね、ハルくん、

 ハルくん、その、

 よ、要件はねーー』

 

 

 

【愛の◯◯】とある日曜日のひとコマ

<コンコンコン

 

『ガチャ』

 

「愛か…どうした?」

「アツマくん、あのね、あのね…」

「(;´Д`)お、おい、顔色がすげえ悪いじゃねえか!!」

お昼寝してたら……怖い夢見た。

 頭がズキズキする

 

× × ×

とりあえず、おれの部屋のベッドに座らせた。 

 

「せっかく昼寝してたのに、怖い夢見させられちゃーかまわんわな」

 

「ねえアツマくん」

「なんだい」

もっとそっちに来ても……いい

「もちろん!」

 

そして、

愛を、

自然な感じで…おれのほうに、抱き寄せる。 

 

「…どうだ。

 落ち着いたか?」

「(コクン、コクン)」

 

「ーーいつでも言えよ、つらくなったら。

 強がるなよ。

 強がるのが、おまえの可愛いとこでもあるけど、さ」

「なにそれw わたし、つよがり?」

「(;´Д`)気づけよっ」

 

「(ヒザに頭をのっけて)

 ありがとうーーアツマくん。

 

【愛の◯◯】さやか、抱かれたり、脱がされたり!?

さやかが戸部邸に泊まることになった

 

さやかさ~ん、スマブラしましょうよ♫

「コラッ、あすか、はしゃぐな」

「お兄ちゃんもやるんだよ?」

「は!? バイトで疲れてるんだよ💢」

 

 

「アツマさん休ませてあげなよ、あすかちゃんw」

「で、でも、スマブラ2人でやってもそんなにおもしろくないーー」

「じゃ、ぷよぷよやらない?」

「アッ!! いいですね♫」

「いいのかよ」

「なんか言ったお兄ちゃん!?

 のーみそコネコネしちゃうぞ!!」

「は?!」

 

「ねえさやか、『のーみそコネコネ』って、なんか元ネタあるの?」

「(^_^;)あることは知ってるけど、言わない」

「えっ」

 

× × ×

 

「お待たせ。

 あったよ、『村上朝日堂』」

「ほんとに!?

 すごいのね、このお邸(やしき)の書庫って…」

「アツマくんとあすかちゃんのお父さんに感謝しないとね」

「(しんみりした表情になって)そうだね……

「なーに深刻そうになってるのよ!」

「だって!!」

 

 

 

 

……な、なにしてんの、愛!?

 いきなりわたしを抱きしめてーー

 

「良馬(りょうま)さんの愛情を注いであげたの」

「良馬さんって、アツマさんとあすかちゃんの、お父さんの名前ーー」

「そう。

 アツマくんがわたしを、こうやって抱きしめたことがあって、」

ノロケ話する気!?」

「ううん。

 良馬さんにまつわることを、とつぜんアツマくんが語りだして。

 アツマくんにとって、すごく辛かった過去のことも、わたしに打ち明けて。

 あまりにもアツマくんのしゃべることが重かったから、わたしが怯えてたら、黙って抱きしめてくれた。」

 

「そんなことがあったの…」

 

 

bakhtin19880823.hatenadiary.jp

 ↑あったんです

 

「うん。

 良馬さんから受け継いだ愛情を、そのとき、アツマくんがわたしに分け与えてくれたんだろうなあ、って。

 そのあとしばらくは、お互いの顔が見られなかったけどw

「そ、そりゃあねえ」

「あったかかった? わたしのからだ」

「うん…」

アツマくんのからだはもっとあったかいよ

こ、コラっ!! 結局ノロケ話になるんじゃん

 

『おねーさーん、さやかさーん、おふろわいてますよ~』

 

「ほ、ほら! こんなこといつまでもやってるもんじゃないって」

「わかったわかった、おフロ入ろう、さやかw」

 

× × ×

 

「…どしたの? 脱ぎなよ、愛。

 だれも見てないよ」

「あんたが見てるんじゃんっ」

「わたしを勘定に入れなくていいじゃない!!」

さやかだってっ!! なかなか服、脱がないじゃん」

「あ、アンタが焦(じ)らすからじゃん、愛」

「じゃ、じゃあ、『せーの』で、同時に脱ぐってのは、どうかな?」

「あのねえ?! わたしたち中学生じゃないのよ?!」

 

「フンッ。(できるだけ自然な感じでシャツを脱ぐ)」

「あ、脱いだ。」

「さやかもはやく脱ぎなさいよ。お湯が冷めちゃうわよ」

「わかったってば…」

 

「よかった。」

「はい?! なにが?」

あすかちゃんよりブラジャーが大きくなかった

「そそそれがどうしたっていうのよ?!

 愛、あんただってそうじゃん!!」

「緑色も好きなの?」

「下着の色で話をそらすなっ💢」

 

【愛の◯◯】さやかの理屈抜きの励まし

戸部邸

さやかがきた

 

「愛、読書の調子は、どう?」

「読んでるよ、本。

 ……読んでるけど、読んでるけど、読んでるけど……」

「ど、どうしたの!? 深刻そうな顔して」

「すぐ疲れる」

 

「ーーわかった。

 精神が緊張するような本ばっかり読んでるんでしょ」

どうしてわかるの?

 でも、さやかだって、そういう本しか、もう読みたくないでしょう?」

「具体的に何を読んでるか、わたしに教えなさーい」

 

わたしは、さやかに、読んでいる本の具体的な書名を教えた。 

 

「……それは、がんばりすぎだよ、愛……」

「だってーー」

「負荷がかかってるところに、さらに負荷をかけてどーすんのっ」

「じゃあわたし何を読めばいいの」

 

「…マンガ?」

 

「えっ」

「読書の程度を落としたくない気持ち、わかるよ。

『軽い本』を読むのがイヤだったら、いっそのこと、マンガ読んじゃいなよ」

「…ずいぶん極端ね」

「きょ、極端だったのは、じぶんでも認める」

「それに、『軽い本』って、なにw」

「話せば長くなっちゃうからーー」

 

 

「ねえ、愛、もっとじぶんを大事にして」

「え、いきなりなにさやか」

(わたしの左肩にだまって手を置くさやか)

「(・_・;)……」

じぶんを大事にするってことは、アツマさんも大事にするってことだよ

「ど、どうしてそこでアツマくんが」

「好きなんでしょ?

 好きなんなら、もっと好きになんなよ。

 そのためには、まずじぶんを大事にして、好きになってーー」

 

「さやかの理屈は、正直わからない。

 でも、ひとが理屈じゃ通らないこと言ってるときって、かえって、納得するーー。

「納得したなら、じぶんを大事にすること!w」

じぶんを大事にするためには、どんな本を読めばいいの?

「(;-_-)…すぐ読書につなげるんだね。

 愛らしいっちゃ愛らしいけど」

 

【愛の◯◯】バニラじゃなきゃ、イヤっ!

今週のお題「わたしのイチ押しアイス」

 

はいどうも! 戸部あすかです。

麻婆豆腐は激辛が好きです。

 

夕方

スポーツ新聞部

の教室

 

わたしたちは、部活動の手を休めて、教室のテレビで、アイスクリームを食べながら、夏の甲子園の中継を観ていた。

 

「部長、きょうはマオさんは来ないんですね」

「マオは部活だよw まるでこっちの部員みたいな扱いするんじゃないの、瀬戸くんよ」

「はぁ…」

 

「あすかちゃん、すごく真剣に観てるね……」

「(`・ω・´)たぶんわたしが担当する記事に直結するものなので」

「さすが『球技担当』だねぇ」

やだな~それほどでも~桜子さん

 

「でも第4試合は、とくに引き締まったいい試合ね。いつ均衡が崩れるか。

 いい試合だと思わない? 岡崎くん」

 

「あすかさん、そのスーパーカップ食べないんだったらおれがもらっちゃうぞww」

「💢」

 

明治 エッセルスーパーカップ チョコクッキー 200ml×24個

 

「ちょっと💢 真剣に観戦してよ💢 岡崎くん💢」

「だって溶けちゃうともったいないから」

 

「アハハw すみません、スーパーカップバニラがいいんです」

「えっチョコクッキーだめなの(困惑気味)」

「どうぞ食べちゃってください岡崎センパイ、わたしのチョコクッキー」

 

「でもなんであすかちゃん、バニラにこだわるの?」

「それはですね、桜子さん。

 まず、一口めをスプーンで口に入れたときの喜び。

 やけにシャリシャリしてるロッ◯の某バニラアイスとは対照的な、存分な甘みとミルキーな感覚が、エッセルスーパーカップの素晴らしさですよね。

 いわば『直球勝負』で。

 チョコクッキーみたいな混じりけなしの『直球勝負』なのがバニラの素晴らしいところで、シンプル・イズ・ベストってアイスクリームに限らずお菓子の世界だったらどこだってそうだと思うんですけど、アイスクリームはとくにシンプル・イズ・ベストなんですよね。

 焼いたワッフルの上にチョコアイスが乗っかってたりすると、モヤッとしませんか? 

 どんな役割を演じるにしても、アイスクリームはバニラじゃなきゃいけないんです!

 単体で食べるにしても、ワッフルやケーキに添えるにしてもーー」

 

明治 エッセルスーパーカップ超バニラ 200ml×24個 【冷凍】

 

あれ?

スポーツ新聞部一同が、目を丸くしてる。

 

わたし、なんかヘンなこと言ったかな?

少しばかり、バニラアイスクリームへのを語っただけなのにーー。

 

 

【愛の◯◯】BIGカツとLUNA SEAの『ROSIER(ロージア)』

学生会館

音楽鑑賞サークル『MINT JAMS』サークル室

 

「はい、たまにはギンにさしいれ」

「えっルミナこれくれるの!?」

 

菓道 BIGカツ 1枚×30袋

 

「あ、あんたの好物だったじゃん…」

うわー! サンキュー、ルミナ!!

「あ、あんまりがっつかないでよ、恥ずかしい」

「だれもいないじゃんw」

 

× × ×

「ねえ、ギンはヴィジュアル系は聴くの」

「まったく聴かないとは言わないけどーー」

「なにその微妙な言い草」

「うーん、大学に入って、ヴィジュアル系に対する抵抗感がなくなったのは、確かだよね」

「それまでは苦手だったの?」

「苦手というか、邦楽はロキノン系が7割、みたいな感じだったからさ。

 若かったな

 

(-_-;)やれやれ……。 

 

× × ×

「ギン、きょうあたしねえ、LUNA SEA聴いてきたのよ」

「へえ。どの曲?」

「『ROSIER(ロージア)』。知ってるよね?」

 

 

ROSIER

ROSIER

 

 

ROSIER

 

「それでルミナおまえ、ヴィジュアル系がどうとか言ってきたのか。

 でも、25年前の曲だぞ、これ。

 おれもおまえも、当然生まれてな~いww」

 

( ‘д‘;⊂彡☆))Д´) 90年代邦楽がマイブームだって言ったでしょ!?

 ( ‘д‘;;⊂彡☆))Д´) それに、『生まれてる』『生まれてない』とか関係ないじゃん、現在進行で曲を聴いてるんだから!?