【愛の〇〇】アンのトコロテンも食べちゃおうか?

藤村家の食卓

アン「あーっ、母さん、またトコロテン!

藤村ママ「文句いーわないのっ、アン!」

わたし「そうよ、アン、いらないんだったらわたしそのトコロテンもらっちゃうんだからね?」

藤村ママ・パパ「あっはっはっはっ

アン「(・_・;)もうっ。」

 

わたし「お母さん、わたしトコロテン好きなんですよぉー💛」

藤村ママ「ほんとう葉山さん!?

    よかったー!💛💛」

 

アン「(・ω・`)プイッ」

藤村パパ「こらこら、アンw

    ママとこの前ケンカしたこと、引きずってるなー?    さては」

アン「パパっ」

 

わたし「あれっ

アン「(゚o゚;;ギク!」

 

藤村ママ「ふふふw

    あのね、葉山さん、アンはね、『素(す)』が出ると、『父さん』が『パパ』呼びになるのww」

アン「(;´Д`)かーさぁーん」

 

わたし「でもお母さんのこと『ママ』呼びじゃないですよね」

藤村ママ「(人差し指を振り)今はね

アン「あーっ(;´Д`)」

わたし「いつまで『ママ』だったんですか?」

藤村ママ「(娘を見やり)いつまで『ママ』呼びだったのかなー、アンちゃん?」

 

アン「はーちゃん、トコロテン、あげる!

 

 

ふたたびアンの部屋

 

アン「──もうっ(;´Д)。

    また母さんとケンカしちゃいそうだ」

わたし「まーまー。」

 

トコロテンのせいかな。

トコロテンのおかげとも言えるけど。

 

アン「あ、遠慮なくベッド使ってね、はーちゃん」

わたし「ありがとう」

 

ありがとう、アン。

 

ベッドに横になり休むわたし。

(^_^;)あんまり横になりすぎると、食後すぐで眠っちゃいそうだけど。

 

わたし「(寝返りを打ち)─アンの部屋、テレビあるね」

アン「画面ちっさいけどね」

 

アン「観る?   テレビ」

わたし(こくり)

アン「何チャンネルがご所望ですかね」

わたし「7チャンネル」

アン「テレ東?」

わたし「(頷いて)テレ東」

 

アン「ああ、『モヤさま(モヤモヤさまぁ〜ず2)』か。」

 

15分経過

 

アン「ね、はーちゃん。

   『優先使用権』とか言ってて悪いんだけどさ……」

わたし「なに、アンのベッドでしょ?   使えばいいじゃないの」

アン「はーちゃんの横……来ても、いいかな

わたし「ドキッ」

 

ふたりで並んで仰向けになり、天井を眺めた。

 

アン「ねえ、鎌倉キョウくんの消息は、わかった?」

わたし「……訊くと思った。

    ε- (´ー` ) フー、

    わかったよ。」

アン「よかったねぇ!

    じゃあ、会いに行くんだね!」

わたし「もうすこし暖かくなってからね。つまり来年、卒業式の前後か……」

アン「そっかあー」

 

 

恵比寿の周りをさまぁ〜ず達は練り歩いている

 

アン「羽田さんやはーちゃんって、ジャズ聴いたりとかさぁ、難しい本読んでたり、すごいよねえ、頭のよさ感じる」

わたし「どうしてよ……。

    わたしアンの前で本読んだことあったっけ」

アン「あったよ!

   なに言ってんのwww」

 

(・_・;)

アンは──妹的存在なのか、姉的存在なのか。

 

アン「はーちゃんが、今読んでる本は?」

 

わたし「ドゥルーズ=ガタリの、『アンチ・オイディプス』って本を読み終わって、次は『千のプラトー』」

 

 

アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症 (河出文庫)

アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症 (河出文庫)

 

 

千のプラトー 上 ---資本主義と分裂症 (河出文庫)

千のプラトー 上 ---資本主義と分裂症 (河出文庫)

 

 

アン「へぇえーっ。聞くからに難しい本だねw」

わたし「そうだよ。難しいよ。

 

   ……8パーセントも、わからない。

アン「なんで消費税w」

 

わたし「でも増税するから、10パーセントは、ミル・プラトー(『千のプラトー』の原題)も理解しなくちゃね」

アン「消費税こだわるねえww」

 

わたし「でも自分の波長にあった本を読むのがいちばんだよ。

 

    わたしは、ドゥルーズが肌に合うと感じてるから、フーコーよりもドゥルーズを読んでる──」

アン「フーコー

わたし「あ、ごごごめんね、なんか高尚な話しちゃった、」

 

アン「なんかこの前わたしの学校の教頭先生が言ってたなー。

 

   学生時代に、『チャラい男が、浅田彰って言う人の本を、読めもしないのに見せびらかして、女をナンパしてる光景を、何度も見た』ってw

 

    ホントにあるんだね、そういうのってw」

 

わたし「──そういう世代の先生がまだギリギリ残ってるってことは、わたしたちの世代は幸運なのかもね。」

 

 

わたし「ところでアンはどういう本を読んでいるの?」

アン「えー、恥ずかしいなー、はーちゃんの手前💛」

わたし「(アンに近づいて)そっちから訊いてきたからには教えなさいっ」

アン「えええええっ」

 

「こらっ、逃げるなアン」

「ひゃーっ」

「ベッドから落ちちゃうよ!」

「むつみのいじわるーっ」

「下の名前で呼ぼうったって無駄よ!」

 

 

『……ゴニョゴニョ』

「ほうほう。

    羽田さんに今度言ってやるw」

あーっ、むつみのいじわるーっ

 

 

【愛の〇〇】家庭教師センシティブはーちゃん

♪ピンポーン♪

 

あ、

はーちゃん来た。

 

「おはよう、はーちゃん」

「おはよう!?

    今何時だと思ってんの👊🏻💢」

「意外w」

「なにが」

「はーちゃん、もっと時間にルーズだと思ってた」

 

 

「おじゃましまーす」

「(ノ∀`)タハー、いかにもお嬢様っぽいあいさつ」

「👊🏻💢💢」

 

わたしの部屋

 

「アンあんた髪ぐらいといたらどーなの。いくら自宅だから、っていったって」

「あぁ、ごめん、前回よりひどいよね?

    ちょっち待ってね、はーちゃん」

 

高校3年の年の瀬。

だけれども、

鼻歌を歌いながら、櫛(くし)で髪を整える余裕くらいは、ある。

そう、鼻歌を歌いながら……。

 

「はーちゃんの髪ってサラサラでいいよね」

「(-_-;)はやいこと勉強に取り掛かろうね……」

シャンプーなに

「👊🏻💢」

 

 

 

 

「そっかー、特別なシャンプーとかコンディショナーとかは使ってないんだね」

「わたしをなんだと思ってるの、資産家のお嬢様とでも……」

「だって如何にも似合いそうじゃんw

    ドレスでも着せてあげたいんだけどなー

「(;´Д`)あのねぇ!」

 

はーちゃんを怒らせるの楽しい…w

 

「アン、早いこと席につきなさい!」

「先生っぽいこと言うー」

「……(・∀・  ; )

    まるで調子があまり良くないときのわたしが自分のベッドで寝っ転がってる時の服装みたいね……」

「(自分で自分の着ているものを見て)へぇー、はーちゃん、こんなの持ってるんだー」

「葉山家、中流家庭だからね!?

    言っとくけど」

「いまどき『中流家庭』なんてことば誰も使わないよぉー」

あああもう英語の問題集はやく出しなさいよ!!

「(はーちゃんの頭を軽く、ぽん、ぽん、と叩いて)わーったわーった」

 

わたしが決めた約束。

はーちゃんの知らない、はーちゃんとの約束──、

 

はーちゃんが、

パニくる前に、

自重する。

 

1時間30分経過

 

(そろそろ山田くんが座布団運ぶころかー)

「アン、ここでいったん休憩にしましょう」

「はーちゃんわたしまだいけるよ?」

「あなたはまだいけるかもしれないけど、」

「(はーちゃんの左肩に片手を置いて)ごめんごめん、はーちゃんのペースに合わせるからね。

   これ、藤村家(ふじむらけ)ルール」

「どういうハウスルールよ……」

「ダメだぞ、女子高生が『ハウスルール』とか言っちゃあw」

「ハウスルールってゲーセン用語でもあると思うんだけど……、

   まーいいや(ゴロン)」

 

初回に決めたことがある。

 

この部屋のベッドの優先使用権は、はーちゃんのほうにある、ってこと。

 

筆記用具を置き、ベッドに横になったはーちゃんを見やる。

 

「まる子?    サザエ?」

「まる子でいい」

ホントぉ!?w

「……、

   じゃあサザエ。」

 

きゅうけいちゅー

窓の外の陽がもう落ちるのを見て、本格的な冬の訪れを感じ取り、入試シーズンが近づいていることを意識し、少しわたしは焦る。

 

でも、はーちゃんには……、

大学受かる受からないより、

もっと苛酷な未来が見えていて。

そして、苛酷な日々を過ごしているし、これからも苛酷な暮らしを続けていく。

 

そんなはーちゃんのチカラに、少しでも、なれれば、いいなぁと思って。

 

出会いは、一期一会で。

はーちゃんに転がってきた、

ハルがクリアミスしたサッカーボールが、

わたしとはーちゃんを引き合わせてくれたようなもので、

ハル、そういう意味では、有能。

 

ま、かといって、しちめんどうくさい理由づけはいらないよね。

優しさに根拠なし。

 

そして、根拠なんてないんだけど、

ヒトに見えにくいかたちで苦しんでいるはーちゃんのためになってあげたい」、

そう思い立つこと自体が、ささやかなはーちゃんへの優しさのひとつのかたちで、

わたしのベッドを貸してあげることだって優しさのひとつのかたちなんだし、

そういう優しさのかたちも……たぶん、愛っていうかたちの一部。

 

「(スマホ画面を見て)怪物牝馬だ怪物牝馬だ騒がれても、そんな毎年毎年怪物が混合ジーワン勝てるほど甘くないよねー」

コラっ、むつみ

「Σ(=ω=;)ギク」

 

ホントにもう……、

夕飯食べさせてあげる代わりに、

東風荘アクセス禁止令出すよ!?

 

「(起きてベッドに座り)ごめんなさい、もうサザエも始まる時間かしら?」

「まだまだ」

「そう。」

 

「はーちゃん、フジテレビといえば、今夜8時からドラゴンボールの映画やるみたいだけど興味ある?」

「ない」

「あ、そう」

 

「はーちゃんって、ジャンプなんかよりは、漫画ゴ〇クとか、そういう系のほうが好きそうだよねえ」

単行本派

「あ、そうw」

 

否定はしないんだ…w

すごい会話の流れになってきちゃった、

 

「アン、もうすこし休憩時間あるみたいだから、わたし、あなたの髪をちゃんとしてあげる」

!?

   ちゃ、ちゃんとなってるでしょ、さいしょに髪は梳(と)かしたんだし」

「まだ完全にはなってないわ。ごめんなさい、わたし気になるから」

 

 

とっぷりと日は暮れて、

わたしの背中にはーちゃんは立ち、

わたしは、はーちゃんに髪をセットされているのだった。

 

「ここらへんがハネやすいんでしょう」

「よ、よくわかったねw」

「気をつけて」

「はい……」

 

「育ちがいいんだね、やっぱし。お嬢さんみたいに」

「どこが。」

鏡から、はーちゃんの口もと見えちゃうから

「うぅ…(-_-;)」

 

 

 

 

【愛の〇〇】伊吹先生、八木先輩をなぐさめる

メルカド』は学校から近すぎるからって、伊吹先生、別のレストランを指定してくれた。

 

    ランチの値段を見て、わたしは少し恐縮する。

『ここは別々の支払いで』

『だめだよ先生のお・ご・り!』

『(;´Д`)えー』

 

ナイフとフォークを「八の字」にしてわたしが皿に置くと、

『(;・∀・)あ、食欲無い!?』

『いいえ。でも……、

    考え事しながら食べる料理って、美味しくないですね』

 

わたしはデザートのアイスを追加注文した。

八木八重子のワガママ。

 

川沿いの堤防の芝生にわたしと伊吹先生は腰を下ろした。

 

「(妙に真面目な口ぶりで)あたしさ、八年間も教員やってると、いろんな三年生を見て来たのよね」

「八年……ってことは、先生現役で大学受かって、1発でこの学校に採用されて──、

優秀なんですね。

早稲田も現役で受かるなんて」

「だからみんな誤解してるけど早稲田卒じゃないからw」

 

「あたし学校のOGだっての、八木さん知ってたよね」

「はい」

「あれ……高等部からなんだ」

「(°°;)編入試験……!」

「そう、血豆ができるほど受験勉強してねえ」

 

わたしは初めて伊吹先生を尊敬した。

 

「進路指導の先生とケンカしたみたいじゃない。教師陣のあいだで話題になってたよ」

 

怒られる──?

 

「八木さん、あなた大学に入るのがすべてって考えてない?

Σ:(;゙゚'ω゚'):ギクッ

「ほらw(*・∀-)」

 

「だって……だって受からなきゃ大学で勉強できないじゃないですか!」

「でも、なにを勉強するかが、まず、八木さんの中で固まってないみたいね」

「どうしてわかるんですか」

「そりゃ同僚がねー」

 

「八年間高校教師やってるとね」

「はぁ」

大学に受かった子が中退しちゃって、再受験の手続きの関連で学校に来るのを、何人も見てるんだ──

 

わたしは口をつぐんだ。

 

「東大や一橋入ったのに、東大や一橋っていう大学が合わなくて、辞めちゃう子、けっこういるんだ。」

「もったいない。せっかく東大や一橋受かって、家族も喜んで、『これで安泰だ』と思ってるところに、肌が合わないで自分の都合で中退とか……」

「八木さん、

   人生って山あり谷あり、って言うけどさ、あたし、平穏無事に終わることより、『波乱』の起こるほうが、はるかに多い気がするの」

 

その伊吹先生のことばが、わたしにはピンと来ず、納得もできなかった。

 

「すみません、よくわかりません」

「『一難去ってまた一難』じゃないけど…」

「わたし!    『一難去ってまた一難』ってフレーズ、嫌いなんです。

   たとえば、『一難去ってまた一難』な人間を、少しでも多く救済して、そういう苦難に巻き込まれて、もがきながら生きる人が、少しでも減ればいいなとか、そういうこと考えてる──あっ

 

「ほらほらw   出てきたんじゃないの?   八木さん、あなたにとっての未来への展望」

「でも、学部が!    具体的な専攻が…」

そうやって形式ばって考えないのよ

 

伊吹先生が……、

小泉と、同じこと言った。

 

「ありがとうございます、先生。わたし今まで先生を誤解していました」

「(ノ∀`)タハハww」

ところで。

   伊吹先生は、いつご結婚なさるんですか」

 

「(ノ∀`;;)アチャー」

【愛の〇〇】八木先輩、荒れる

金曜

期末テストの終わったあと

 

先生バカっ

 

──そう捨て台詞を吐いて、

わたしは、進路指導室から逃げ出した。

 

自宅のマンション。

じぶんの部屋に駆け込む。

 

『こんなもの、

    こんなもの、

    こんなものっ!!

 

制服の上着カッターシャツを脱ぎ、ベッドに叩きつけた。

はずみでカッターシャツのボタンが1個だけちぎれて取れた。

 

わたしは胸に手を当てた。

わたしの脈拍数、絶賛暴騰中。

 

それから、わたしの胸──というより乳房……の小ささを思い知り、もっと不愉快な気分になった。

 

姿見を振り向く。

小泉も。

羽田さんが居候してる戸部くんの妹のあすかちゃんも。

『胸の大きい小さいなんて気にしないよ』って子、けっこういるし、

中学生ならまだしも高校卒業間際になって、そんなこと気にしたって──、と、ひとは言うだろう。

でも、小泉もあすかちゃんもいいよね、

女としての魅力があって。

 

モテそう💢

 

あーもう!

葉山ならわかってくれるよね葉山なら!

3年貧乳組!!

 

あまりにもムシャクシャしているので、わたしはわたしの小さいブラジャーのカップを鷲掴みした。

薄いグレーの無地……、

生地が、大人の女の人がつけるのみたく薄い生地じゃなくて、ゴワゴワしてる。

傍(はた)から見たら、スポーツブラに見えるかもしれない。

 

わたし、イライラをぶつけることのできる人間が不在のときは、自分のファッションに『当たる』の。

ブラジャーだったり、髪留めだったり、靴下だったり……。

 

自分で自分の胸のブラジャーをしわくちゃにしてもどうしようもないので、とりあえず着替えることにした。

どんな上着を重ね着するのかに30分以上かかった。だれも気にしないのに。

寒いのでデニムの長ズボンを履いたが、履くのとベルトで締めるのでもたつき、履き終わった瞬間にストレスが沸点に達し、ベッドにボーンとダイヴした。

 

『葉山、どうしてるかな。

   葉山。いまの葉山だったら、わたしの愚痴、聴いてくれるかな』

 

 

♪着メロ(工藤静香の曲)♪

 

『( ゚д゚)え、え、え、

   伊吹先生

   から着信──』

 

いつ番号交換したっけ?

したような記憶もある。

 

 

【新シリ(仮)】これまでのあらすじ 兼 総集編[1]

 「ストレイテナー、襲来」

 

bakhtin19880823.hatenadiary.jp

 

すっごいかっこよかったの!! 今まで生きてきたなかで、いちばん熱い気持ちになったの!!

 

初夏。

高校2年生の戸崎(とさき)あかりは、ロックバンド「ストレイテナー」のライブを(彼氏のタイジュくんと)観て感化され、同じクラスの親友・御神本(みかもと)すずかに「バンドやろう!」と言い出す。

ギターの腕前が超一流であるという同学年の”的場マキ”をスカウトする、とか言っているあかりに、すずかは冷静に難色を示す。

ベースはすずか、そしてドラムは「体力だけはありそう」(byあかり)な真島正志(ましま まさし)がやる、という青写真をあかりは持っていた。

 

放課後、TSUTAYAに立ち寄ったすずかは、”的場マキ”らしい人物の後ろ姿を目にする。

 

「見知らぬ、洋楽」

 

bakhtin19880823.hatenadiary.jp

 

 

「たぶん、わたしのクラスの男子も女子も、『スライアンドザストーン』なんてひとりも知らないよ?」

違う! (💢・_・)

「え!? ご、ごめん、なにか気に障ること言った!?」

「『スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン』!!

 ( ー`дー´)キリッ」

 

「で、お父さんが持ってるその『ぼーどー』ってアルバムのほかに、代表作があって、それを探していたんだ?」

There's a Riot Goin' On ( ー`дー´)」

「!?」

 

 

TSUTAYAのレジで店員と的場マキが揉めていたのだ。間にすずかは割って入り、マキにCDの検索方法を教えてあげる。結局マキが探していたCDは見つからなかったが、すずかは店外でマキと会話を試みる。

音楽のことになると人が変わるマキの性質を、すずかは知るのだった。

 

「鳴らない、打鐘

 

bakhtin19880823.hatenadiary.jp

 

 

bakhtin19880823.hatenadiary.jp

 

大っ嫌いだよ、あんなヤツ!!!!!! (;´Д`)

 

 

 

「おれはな、御神本」

「なによ」

ロードバイクで日本一周したいんだ

「え、え、え、えっ……   なにそれwww」

笑うな!!(#゚Д゚)

 

 

 

運動公園で、部活帰りの真島正志をあかりは待ち構えていた。バンドの件を真島に伝えるあかりだったが、「すずかが噛んでいる」ことと知ると、あからさまに真島は不快感を示す。

真島とすずかはたしかに同じクラスの体育委員同士だが、真島はすずかに「コケにされている」ように思っていた。

 

姉に買い物を頼まれていた真島は、用を済ますためデパートに行くが、そこでバッタリすずかと居合わせる。水泳部であるすずかは、そのデパートのスイミングクラブの所属だったのだ。

屋上で真島はすずかに自分の将来の夢を語らされるハメになる。

自転車部の真島は、「ロードバイクで日本を一周したい」という夢を持っていた。すずかは真島の夢を知り、思わず笑ってしまう。

しかし、すずかの将来は未だ漠然としていた……。

 

「雨、逃げ出したあと」

 

bakhtin19880823.hatenadiary.jp

 

雨が降っている。

止む気配がない。

あかりが、食堂の席でずっと突っ伏している。

 

 

あかりは、的場マキの教室に突撃し、マキのスカウトを試みるが、見事に失敗する。

 

「マキ、心のむこうに」

 

bakhtin19880823.hatenadiary.jp

 

 あー、ムカムカする!!

 

許せない・・・・・・。

ビートルズって人の名前だっけ』って言った子が、バンドを作ろうだなんて!!

 

 

あかりの申し出を拒絶した的場マキ。

彼女は、ビートルズがバンドであることすら知らなかった、あかりの厚顔無恥ぶりが、許せないのだった。

 

 

 

「わたしはジョン・ロードが欲しいんですっ

 

ジョン・ロードみたいな彼氏?」

「違います(即答)」

 

「この曲のリフに合わせられるようなキーボードを・・・・・・キーボードを弾けるひとを」

 

 

あかりの態度にイラついて、スタジオで攻撃的にギターを弾くマキ。

彼女は、ディープ・パープルにおけるジョン・ロードのようなキーボード奏者を探し求めていた。『ハイウェイ・スター』(ディープ・パープルの代表曲)における間奏のような、火の出るようなセッションがしたかったのだ。

 

総集編、つづく

 

(1774文字)