【愛の◯◯】姉弟の、アナウンサー適性!?

 

「利比古」

「なあに? お姉ちゃん」

「あんた言ってたわよね。『KHKが復活したみたいだ』って」

「あー、そうそう。そうみたいなんだよ」

「KHK。略さないと『桐原放送協会』。あんたが桐原高校に通ってた時代に入ってたクラブ活動」

「説明ありがとう」

「どこからKHK復活の情報を入手したの?」

「どこからともなく」

「ちょ、ちょっとっ。『どこからともなく』じゃないでしょっ」

「そだね」

「ハンサム顔に似合わない不真面目さはイヤよ……?」

「わかったわかった、お姉ちゃん」

「それで、KHK復活の情報源は、結局……」

「教えてあげるから、もっとぼくに近付いてきてよ」

「えっ!?」

 

× × ×

 

「なるほど。そういうルートで情報が来たのね」

「うん」

「わたしの耳元でささやいて答える必要も無かったと思うけど」

「ま、細かいコトは良いでしょ」

「なーんか、ちゃらんぽらんね」

「そう思う?」

「あんたも8月にはハタチになるんだから、もっと気を引き締めた方が……」

「ねえ、おねーちゃん」

「わ、わたしの話遮らないでよ」

「KHKは放送系のクラブ活動だったワケだけど」

「……?」

「放送つながりで」

「な、なに」

「お姉ちゃんは、アナウンサーに興味があったりしないの?」

「そっそれってどーゆーいみ!?」

「就職先だよ」

「わたしに……女子アナになるのを……すすめる気?」

「だーって、ルックス完璧だし、複数の外国語ペラペラだし、何よりお姉ちゃんは声が素敵じゃないか」

「『声が素敵』だなんてあんたに言われたの……たぶん、初めて」

「そうだっけ。ともかく、アナウンサーの道を歩んだら、やがては人気キャスターとして引っ張りだこになりそうだよね」

「わたしは、なるつもりなんか、無いわよ?」

「エーッ」

「弟のあんたなら分かるでしょ。チヤホヤされるのは好きじゃないって。人気キャスターにまつり上げられるとか、絶対にイヤ」

「ふーん」

「む・し・ろ」

「え、どーしたの」

「利比古、あんたこそ、アナウンサーに向いてるんじゃないの!?」

「えええ、なにそれ」

「ルックス完璧だし。帰国子女で、わたし以上に英語ペラペラだし」

「ぼく喋るのあんまり得意じゃないよ」

「喋りのスキルはアナウンサーになってからでも何とかなる」

「無茶を言わないで」

「無茶なんか言ってませんからっ」

「……あのね、お姉ちゃん」

「なんなのよ、頭をポリポリ掻いて、照れくさそうに」

「ぼくも、本質的には、お姉ちゃんとおんなじなんだ」

「はい!?」

「チヤホヤされるのは……ハッキリ言って、苦手だ」

「ばっバカっ、バカ利比古」

「『バカ』を連発しちゃダメだよ。品が無くなっちゃうよ。お姉ちゃんらしくも無い」

あんたのためなら品だって無くなるわよ!!

「やれやれ。」