【愛の◯◯】昼休みバトルラジオ

 

「――はい! ランチタイムメガミックス(仮)が始まったわけなんですが、なんと本日はスペシャルゲストをお呼びしています!!

 野々村さん――自己紹介、して??」

 

「……」

 

「だ…黙られても困るんだけどなー、野々村さーん」

 

「……野々村ゆかりと申します」

 

「え、それだけ!?」

 

「だって、自己を紹介できるようなことも無いし」

 

「そんな」

 

「せいぜい、羽田くんと3年連続クラスメイトであることぐらい」

 

「…なにかあるでしょ。もっと」

 

「わたしには…『属性』が無いから」

 

「ぞ、属性!?」

 

「部活やってないし」

 

「……」

 

「羽田くん。ちょっと訊いてもいい?」

 

「な、なにを……」

 

「『属性』って、英語だとなんていうのかな」

 

× × ×

 

「――羽田くんは英語パーフェクトで、いいよね」

「まあ、いちおう帰国子女だし」

「羽田くんはさぁ」

「?」

持ってるんだよね。いろいろ」

「??」

「把握できないの!? わたしの言ってること。わたしにはなんにも無いけど、羽田くんにはいろいろ有るよね――ってことだよ」

「…お、お便りコーナー、行ってみよっかな」

逃げるんだね

「ぐ…」

「羽田くんは逃げ足が速いからねぇ」

「ぐぐ…」

「どうして手がそんなに震えてるの? 図星だってこと??」

 

「――ハァ」

 

「え、いきなり溜め息って。おかしいよ、羽田くんのリアクション」

 

「読むお便りを変更しようと思います。前もって読もうと思っていたお便りは、来週の月曜日に。ご了承ください」

 

「…なに言うの。お便りを変更…とか」

 

「『問い合わせ』が、来てるんだよ」

 

「問い合わせ……?」

 

「野々村さん。きみについての、問い合わせ」

 

は、はいぃ!?!?

 

「もっとハッキリ言っちゃうと、きみの弱点を知りたいって問い合わせだ。

 

 ……唖然としてるね。

 

 でも、ぼくだって、やられっぱなしじゃいられないし