【愛の◯◯】新入生のニックネームをめぐる◯◯

 

2年生になった。

大学のサークルに、きっと新入生がやって来るはず。

「先輩」として、カッコよく振る舞わなきゃね。

どんな子が、後輩になるのか……楽しみ。

 

× × ×

 

わたくし羽田愛が所属しているのは、『漫研ときどきソフトボールの会』という珍妙な名前のサークル。

その名の通り、漫画を読み、なおかつ、ソフトボールをするのだ。

漫画も読めるしソフトボールもできる…一粒で二度おいしい。

 

 

――さて、学生会館のエレベーターで5階に上がっていって、サークル部屋の前までやって来た。

『もしかしたら、新入生の子が来てるのかも』

そう思いつつ、ドアを開ける。

 

いたいた。いた。

見慣れぬ顔、すなわち新顔――新入生!

 

男の子だった。

新入生の彼を、久保山幹事長(4年)と新田くん(2年)が接待しているところだった。

 

「おはよう羽田さん」と久保山幹事長。

新田くんも、「あ、おはよう」と挨拶してくれる。

 

「おはようございます。…さっそく、新入生の子が、部屋まで来てくれたんですね」

「そうだよ」と幹事長。

「羽田さんも、もてなしてあげなよ」と新田くん。

よ~し。

 

新入生の彼のとなりに座って、

「あなた、お名前は、なんていうの?」

と尋ねる。

いきなりわたしがとなりに座ったからか、若干うろたえる彼。

積極的すぎたか。

てへ。

 

ややあって、彼は名乗ってくれた。

 

× × ×

 

『幸 拳矢』と書いて、『みゆき けんや』と読むという。

 

『幸』で『みゆき』か。

(たしか、競馬ファンな葉山先輩が、そういう苗字の読みの騎手がいる、って話していた記憶があるけれど…これは余談だな。)

 

「彼は漫画もアニメも大好きらしい。とくに、アニメの声優について、並々ならぬこだわりがあるそうだ」

幹事長が、そう紹介する。

 

声優。

わたしの未知の世界。

 

『好きな声優さんは、だれなの?』と、訊こうかと思った。

…その瞬間、サークル部屋のドアが、ぎ~っ、と開いて、小柄な4年生の女子会員が入室してきた。

 

日暮真備(ひぐらし まきび)さんだ。

 

おおっ、クボ!! 新入生、確保できたんじゃん。えらい!!

 

いつものように久保山幹事長を「クボ」と呼んで、日暮さんが大声を出す。

 

「真備、声がでかすぎるぞ。部屋の外まで声を響かせるな」

たしなめる久保山幹事長。

 

そのたしなめを冷酷にもスルーして、ずんずんずんと新入生・幸拳矢くんのもとに向かい、

「きみ、名前は?? わたしは真備。日暮真備」

と問いかける。

「み……幸拳矢、です」

「どんな字で書くの?」

迫る日暮さんに、幹事長が、横から、

「真備。この新歓用紙を読め。名前も書かれてるし、自己紹介もしてくれてる」

と言って新歓用紙を渡す。

 

日暮さんは目を通して、

「ふ~~~ん。この一文字で『みゆき』って読むんだね。…そっかあ。声優ファンなんだあ」

若干恥ずかしがりながら、「ハイ、声優、好きで…」と言う幸拳矢くんに対し、

「よし。

 ――いまからきみのこと、『みゆきち』って呼ぶよ」

 

!?!?

衝撃を受ける幸拳矢くん…。

 

出た、出てしまった。

ニックネームの天才・日暮真備さん。

出会った瞬間に、ニックネームをひねり出す。

魔術師のように…彼女の口からは、ニックネームが生まれてくるのだ…。

 

みゆきち』と名付けられた新入生の彼は、慌て気味に、

「や、やめてくださいっ!! 日本を代表する超一流女性声優の愛称を、ぼくのニックネームにするなんて!!!

 

「――『日本を代表する超一流女性声優』?」

わたしは思わず、となりの席の新入生くんに言う。

日暮さんは、把握しているらしい表情。

幹事長も、新田くんも、同様に把握しているみたいだ。

 

× × ×

 

沢城みゆきさん、という声優の愛称が、『みゆきち』らしい。

わたしも……聞いたことあるかも、沢城みゆきさんの名前。

 

沢城みゆきさんはどんなアニメに出ているの?」と訊いたわたし。

「数え切れないぐらい出ています……」と、新入生の彼は答えた。

 

フム。

わたしは……どーしよっかなあ。

『拳矢くん』って、下の名前で呼んでみようか?