【愛の◯◯】ひとり暮らし初日に日記帳を買ったけれど

 

「おはようございます、おねーさん」

「おはよう、あすかちゃん」

「……」

「どっどうしたの、その含み笑いは」

「おねーさん……。

 ゆうべは、おたのしみでしたね」

 

ウッ。

 

「……。

 あすかちゃん、悪い子ね、あなた」

「悪い子でごめんなさい♫」

 

……まあ、いいや。

おたのしみの一夜だったことは、事実なんだから……。

 

 

『お相手』をしてくれたアツマくんは、きょうも寝ぼすけさんだった。

 

× × ×

 

そんなことより。

そんなことよりも。

 

引っ越しの日である。

わたしが、ひとり暮らしを始める日である。

 

× × ×

 

 

がらんどうの部屋。

引っ越しを手伝ってくれたアツマくんとあすかちゃんは、すでに帰っている。

つまり、ひとりっきり。

いよいよ、わたし「だけ」の生活が、スタートしたのだ。

 

 

…帰りぎわ、アツマくんが、

「合い鍵を作ったからな」

と言ってきた。

「合い鍵なんて、必要あるの?」

「あるだろ」

「ほんとかしら」

「母さんに言われて作ったんだ」

「明日美子さんが……。

『明日美子パワー』ってことね、それは」

「そういうこと。

 こころに留めとけよ、合い鍵作ったってことも」

 

 

――明日美子パワーと合い鍵は、さておき。

 

ここは、中野区某所のマンションである。

部屋はワンルーム

23区は家賃高いし、贅沢なんて言っていられないわよね。

 

大学までは、電車で通うことになる。

大学の間近に住んじゃうと、ダラダラと過ごしちゃうと思ったからだ。

つまり、電車通いは、わたしの意向。

まあ、大学の間近は、もっともっと家賃がかかっちゃうもんね。

 

さて。

初日なので、部屋がピカピカにきれいだ。

この清潔を……保たなくちゃな。

『できるかしら?』じゃなくって、『できるようにしなきゃ』って思わなきゃ。

 

わたしは、だれ?

――そう、羽田愛。

掃除も炊事も洗濯も大得意の、女の子。

もともと家事は得意の得意なんだから……自信、持たないと、ね。

 

× × ×

 

なにをしようかしら?

 

ちょうどお昼どきなんだし、食材を調達してきて、さっそく自炊を始めてみようかしら?

 

…いや。

きょうは、自炊は、いいか。

 

あしたから始めれば、いいわよね。

いきなり家事を怠けるみたいだけど、きょうは、なんといっても引っ越し初日なんだし。

 

マンションの近所に人気急上昇中のお蕎麦屋さんがある、という情報を得ていた。

行ってみよう。

これも引っ越し蕎麦の、ひとつのかたち…かも。

 

× × ×

 

やっぱりお蕎麦は『もり』に限るわよね……と思いながら、お店を出た。

さっさと食べて、さっさと出ていくのが、蕎麦のたしなみ。

わたしは勝手にそう思っているんだけど、それにしても、今回のお店での滞在時間は、いつにもまして短かった。

いっしょに食べる相手がいなかったから、早食いになっちゃったのかしら?

気をつけないと…。

 

 

食後ということで、ブラブラ歩く。

うららかな春。

春の心地よい空気に誘われるように、しばらく歩き続けていたら、やがて中野ブロードウェイが近づいてきた。

…もうこんなところまで来ちゃった。

早足なのは、いっしょに歩く相手がいないせい??

 

早食いに、早足。

ひとり暮らしのペースをつかむには…時間がかかりそう。

 

 

せっかくなので、ブロードウェイを小一時間物色。

漫研ときどきソフトボールの会』に所属していることもあって、サブカルチャー的な対象への感度が、以前よりも上昇しているのを自覚する。

楽しい。

 

それから、例のごとく、某有名チェーン書店に立ち寄る。

引っ越し祝いの『臨時収入』があったので、ハードカバーの文芸書を3冊買う。

それからそれから、日記帳と筆記用具も購入する。

 

× × ×

 

じつは、不定期ではあるが、日記をつけているわたし。

 

生活の雑記のような側面が強く、他人(ひと)が見ても面白くはないだろう。

だいいち、日記は他人(ひと)に見せるようなものではないと、わたしは思っている。

だから、ブログにも興味がない。

わたくしの意見に過ぎませんけどね。

個人の見解です。

はい。

 

……それはそうとしまして。

わたしの書く日記には特徴があって……それはなにかというと、ときに文体が文語調になることがあるの。

というか、文語体で日記を綴ることのほうが多いの。

男もすなる日記を女もしてみむとて……的な文体になるのである。

まあ、わたしの古文作文、テキトーなんだけどね。

でも、普通に書くのもいいけど、普通に話すように書くだけじゃ、つまんなくない??

 

× × ×

 

さてさて、ピカピカの『新居』に戻ってきたわけである。

入念に手を洗って、手もピカピカにする。

そして、買ってきた3冊の文芸書と日記帳と筆記用具をデスクに置く。

そしてそして、日記帳の表紙に『2022.3.28~』と記入する。

 

文芸書を読み始めるのも良かったけど、「生活の雑記」のほうを優先させたかったのだ。

 

きょうの朝から現在に至るまでの流れを、文語体混じりの文章で書き留めようとする。

 

……ところが、中野ブロードウェイ見物をしたことを記述したところで、書き進める手が止まってしまった。

あとちょっとなのに。

くたびれてしまった。

日記を書き上げるスタミナが……切れちゃった。

 

くたびれてしまった右腕を揉みながら、

「どうしてだろ。

 いつもは、日記を書き上げるスタミナぐらい、あり余るわたしなのに」

と独りごちる。

 

「午前中から引っ越し作業でバタバタだったから……『見えない疲れ』が溜まってるのかしら?」

また、独りごち。

 

『見えない疲れ』……のせいだろう。

たぶん。