【愛の◯◯】問題だらけの戸部邸年少コンビ

 

「あすかさんあすかさん」

「なに? 利比古くん」

「知ってましたか」

「……なにを」

山梨県には、民放テレビ局が、2局しかないんですよ

 

「……それが?」

 

「日テレ系の山梨放送と、TBS系のテレビ山梨しかないんです」

 

「……」

 

「どうしたんですか。憐れむような顔になって」

 

「……」

 

× × ×

 

「日テレとTBSしか観られないんだよね? フジやテレ朝やテレ東は、いっさい観られないってこと?」

「いえ、ケーブルテレビに入っていれば、フジテレビやテレビ朝日テレビ東京を直接視聴できるみたいです」

「なーんだ。民放テレビ局が2つしかないからって、観られる番組が少ないわけじゃないんじゃん」

「まあ、そういうことですね」

「…。だったら、わざわざ、『山梨県に民放テレビ局が2つしかない』って言ってきた意味、あったわけ??」

「……」

「としひこくーん、そこで押し黙られると、困っちゃうんだけどなー」

「……あすかさんは、エフエム富士ってご存知ですか」

「あー、知ってるよ? 山梨県から電波が飛んでるんだよね? わりと聴く」

「そうですか……」

「無理やりエフエム富士に話題を持っていこうとしても、無駄だったね」

「……はい」

「もっと精進しなきゃ。こんなことじゃ、放送博士になれないよ」

「おっしゃるとおり……」

 

× × ×

 

「――あすかさん、ご存知でしたか? 日本にも、『MTV』があるんですよ

「まだテレビ局トークがしたいわけ!? しつこいよ」

「う……。すみません」

三重テレビが略すとMTV的な話なんでしょ。きっと」

 

「ど、どうしてぼくの話を先読みできるんですか……」

 

「うろたえないでよ。まったくもうほんとに」

 

 

「……すごいですね、あすかさんは」

「どこがどうすごいの」

「それは、文字数の都合で、割愛せざるを得なくって……」

「ああ、短縮版なのね? きょう」

「はい。たぶん、日曜日だからだと思います」

「日曜日なこと、そんなに関係ある??」

「あるんじゃないでしょうか。…とにかく、1200字前後で」

「1200ってのは、なんの基準なの」

「…」

あああもうっ!! 利比古くんも管理人さんも、もっとちゃんとしてよ!!!

 

「あすかさん…」

「プイッ」

「あすかさん。こっち向いてください。あと、『プイッ』を声に出すのも自重してください」

「いろいろと、ムカついてるの、わたし」

「……ムカついてる、だけですか?」

 

「えっ」

 

「その……さいきんの、あすかさんの様子、なんか違和感があって……。さいきんというのは、具体的には、3月1日の卒業式が終わった、あとから……。」

 

「と、としひこくんがからむ、もんだいじゃないよ」

 

「――テンパってませんか??

 いま、あすかさんが言ったこと、文字起こしすると、ぜんぶひらがなになりそうな……」

 

も、もんだいなんか、なにもないんだよ!!

 

「――テンパってるんですね」