【愛の◯◯】勇気を出して、『押しつけ女房』に!?

 

やっぱり、馴れ馴れしすぎたのかな? わたし。

 

夏祭りのとき、

終始いっしょだった、利比古くんに対して、

タメ口の分量が、どんどん増えていって。

 

花火が打ち上がるころには、

もう、ほとんど、タメ口オンリーだった。

 

…お姉さん風(かぜ)、吹かせちゃったのかも。

 

ガラにもなく。

 

わたしの見た目――、

『利比古くんより年上の女子』だっていう雰囲気を、

少しも、かもし出してないし。

 

ぜんぜん、利比古くんに対して、『年上のお姉さん』に、

なり切れてないよ。

 

 

でも――、

ひとりでに、タメ口になっていて。

 

なんでだったのかな。

 

女子校中等部に入学して以来、同年代の異性との接触が、ほとんどなかった、わたし。

 

同じ高校生の男の子に、タメ口で話しまくったのは……もちろん、初めて。

 

 

× × ×

 

――実は、じぶんひとりだけで考えをこねくり回している場合では、ないのだ。

 

『金曜日になったら、勇気を出して、利比古くんに電話をかけてみよう』

 

そう決めていた。

そして、その金曜日がやってきていた。

 

 

…話したいこと。

 

まず、

タメ口とか、夏祭りのときの態度についての、釈明…。

 

それがまず、最優先事項だけど、

それだけじゃ、釈明だけじゃ、終われない。

 

× × ×

 

「――だから、馴れ馴れしかったと思って。花火のあたりから、タメ口オンリーだったのを、いまだに――後悔したり、反省したり、で」

 

スマホの向こうの利比古くんは明るく、

 

『金曜日まで引きずる必要もないじゃないですか。もう1週間経つんですよ?』

 

ん……。

 

「……引きずります。利比古くんがどう思ったか? って、どうしても気になっちゃうんです」

『川又さん』

「は、はい」

『ぼくは――現在(いま)、川又さんが敬語に戻っちゃってるのが、気がかりですよ』

 

えっ。

 

「ど、どうしてほしいんですか……!? 利比古くんは、わたしに」

 

あわてるように言うと、

 

『花火のときみたいなしゃべりかたで――しゃべってほしいです』

 

「だ、だけど、それってタメ口ってことで、馴れ馴れしすぎになっちゃう――」

 

『――馴れ馴れしいことの、どこが悪いんでしょうか?

 余所余所(よそよそ)しいほうが、不自然じゃないですか』

 

あっ、

たしかに……。

 

『欲を言うと、もっと馴れ馴れしくなってほしいぐらいなんですよ――川又さんには。』

 

いま、たぶん、

スマホの向こうで、利比古くん、笑ってる。

 

反射的に、彼の笑顔を、思い浮かべ、

思い浮かべた笑顔のステキさに……、

戸惑う。

 

戸惑うけど……、

『戸惑ってるだけじゃダメなんだぞ、ほのか…』と、

じぶんでじぶんを、叱る。

 

 

「――わかった。敬語は、やめにするね」

『ハイ!』

「釈明のためだけに――電話をかけたわけじゃないの、わたし」

『話したいことが、いろいろあると?』

「……できるだけ、長電話にならないように」

『なってもいいですよ』

「……そうなの。通話料とか、気にしないのね」

『ハハ』

「あのね。…この前、誕生日のとき、郵送で、本をプレゼントしたじゃない?」

『あの本のことですか?』

「うん。……読んで、くれてるのかなー、って」

『そりゃー、読みますよー!!』

「ホント!?」

 

うれしくなるわたし。

 

『読んでます読んでます。もう読み終わりかけなんです』

「すごい……速読なんだね、利比古くん」

『とんでもない。元来、本を読むのは苦手なほうで』

「そうなの?」

『ですけど、なんといってもバースデープレゼントの本なんだし、はやく読み切らないと…という、使命感で』

「使命感……。立派なんだね」

『各方面からもハッパをかけられていて』

「各方面?? ハッパ??」

『――まあそういったことよりも、感想を聴きたいでしょう? 読んだ、感想を』

「そ、そ、そーね……。詩歌(しいか)のアンソロジーだったから、利比古くんピンとこないのかも、っていう不安ありありだったんだけど、その様子だと……感想、あるんだね」

『ぼくはですね、』

「うん、」

『まず、詩だと――北原白秋の『邪宗門』の詩が好きです』

「――意外。」

『意外ですかー?』

「『邪宗門』が好きになるなんて、すごい……センス。」

『ホメられてるんですよね、ぼく』

「――うん。ホメてるよ」

『短歌も、いろいろ収録されてましたけど、』

「だれの歌が好きとか、あるの?」

『はい。斎藤茂吉の、若い頃の短歌が、気に入りました』

「――そうなんだ。」

 

さすがは、文学少女のなかの文学少女の、弟。

 

「あなたも……文学青年になれる素質が、あるのかもね」

『とんでもないですよー』

 

……ここで、わたしは、呼吸を、ととのえ、

 

「ねえ」

 

『? なんでしょーかっ』

 

「これから、わたし……あなたに、ちょっとした『ワガママ』を言うんだけど、聴いてくれるかな?」

 

『聴かないわけがありませんよぉ』

 

「『ワガママ』っていうのはねっ、

 つまり……その、

 あさっての、日曜、

 ごはんを食べに……出かけたいの」

 

『ぼくと、ですよね? それって』

 

「そ、そうだよ、『利比古くんと』が、抜けてたね」

 

『川又さん』

「な、なぁに」

『もっと、落ち着いてくれても、いいのに』

「…善処するよ」

『してください』

「……。

 あなたとごはん食べに行きたいっていう、ワガママついでに。

 あなたの、文学の素養を見込んで――、

 本屋さんツアーが、してみたい」

『ツアー、ですか』

「某池袋の某巨大書店とかに行って、わたしがガイド役になって、いろんなフロアをまわって」

『――よっぽど、ぼくに、本を読ませたいんだ』

あたりまえっ!

『うわっ』

「今週最大のワガママ言わせて」

『……?』

本は、読もうよっ!! 利比古くん

『……まだまだ、不足してると?』

そうだよっ!! ポテンシャルを活かそうよ」

『ポテンシャル――』

「いくらだって本を押しつけちゃうんだから――わたしが持ってる、本とか。」

押しつけ女房?

あのねっっ