【愛の◯◯】チョコは魚じゃないけれど

 

タブレット端末でYou Tubeを視(み)ていたら、あすかさんがやってきた。

 

「利比古くんだ」

「あすかさん」

「利比古くん…」

「?」

「きょうも、オタク活動に余念がないね」

ゆ、You Tubeはオタク活動じゃないですっ

 

やれやれ……といった表情が、

やがて、柔らかく、穏やかな笑顔になって、

「ねえ」

と呼びかけるように言ったかと思うと、

「これ」

と――、彼女は、

バレンタインチョコを――差し出してくれる。

 

「なにが入ってるか、わかるよね?」

はい、わかります。

「バレンタインのチョコ以外に――考えられませんよね」

「そゆこと」

「――ありがとうございます」

「どーいたしまして」

「手作り……ですよね?」

「そこは疑ってほしくなかった」

「タハ……」

「『タハ……』じゃないよ。おねーさんには作り方、ある程度教えてもらってたけど、今回はほとんど自力だったんだから」

「姉は…チョコレート作りどころじゃ、ないですもんね」

「そーゆーことだよ。

 今回は、おねーさんの気持ちも込めて、作ったの」

「お姉ちゃんの、気持ちも…」

「だから、ふたり分のチョコレート」

「なるほど……」

「納得してくれるならうれしい。大事に食べてね」

「いま、じゃ、ダメですか」

「ええええ、いきなり!?」

新鮮なうちに……

チョコは魚じゃないでしょっ!!

 

× × ×

 

「やれやれ」

「……すみません。無神経で」

「……」

「どうか、しましたか?」

「――、

 1個なら、1個なら、食べてもいい」

「や、やったぁ」

 

袋から、1つだけチョコを取り出して、食べた。

甘い。

 

「――ぜんぶ食べたあとでさ、」

「なんですか?」

「感想文、書いてほしい」

 

えっ……。

 

「いわゆる……『食レポ』的な?」

「利比古くんの、舌と表現力を試したい」

舌と、表現力。

「字数無制限だけど、長文のほうがわたしは評価する」

「ずいぶん、無茶振りのような…」

「そりゃー無茶振るよ。利比古くんだもん

「そんな」

「チョコの鮮度がどうとか言ってるだもん、あたりまえだよね」

「……。期限は?」

「決めてなかった」

あすかさんっ!

 

姉の……影響もあるのかな。

気まぐれだ。

 

× × ×

 

テーブルにチョコの袋を置き、引き続きタブレットYou Tubeを視ている。

 

あすかさんは一旦部屋に帰って、ゆるキャラ『ホエール君』のぬいぐるみを携えて、再びリビングに戻ってきた。

 

ふにふに、とホエール君をひざの上でいじっているあすかさんに、

「そのホエール君は、1号ですか、2号ですか」

「1号」

「…なるほど」

「なにが…なるほどなのかな」

「不穏な口調にならないでください」

 

「ふぅ」と彼女はため息をついて、

「しょうがないなあ、利比古くんは」

「…きょうも、しょうがないなあ、って言われてしまいましたね」

「そんなに毎日言ってる!?」

「毎日、なんて、ひとことも言ってませんから」

「紛らわしいよ」

 

ぽす、とホエール君1号を手前のテーブルに置き、

「――このホエール君1号にはね、『青春』が詰まってるの」

「『青春』とか……また突拍子もない」

ぼくのツッコミを例によってスルーし、

「夏の思い出。

 甘酸っぱい感情。

 わたしだけじゃない、人の想い……。」

あいにく、さっぱり意味がわからない。

なにを言わんとしているのか。

 

「――チョコは、アツマさんや流さんにも、あげたんですか?」

流れを変えたくて、訊いた。

しかしながら、

「もうちょっと、ホエール君で、あそぼうよ」

いや……質問に答えてくださいよ。

しかも、なぜに5・7・5的なリズムで、話すのか……。

「…あげたよね? ホエール君。お兄ちゃんにも、流さんにも」

いや、ホエール君に向かって確認する必然性、ゼロですよね。

ラチがあかないままに――、

「ちゃんと、あげたってことですね」

「あ・た・り・ま・え」

「そんなに不満そうな眼にならなくったって」

「む~~」

「『む~~』は、余計な気が」

利比古くん厳しすぎ!!!

「……」

「また、そうやって黙り込む」

 

だれか助けて……と思い始めた矢先、

 

『利比古にパワハラかぁ? 良くないぞー』

 

ア、アツマさん。

救いが――!

 

「物騒すぎるよ、お兄ちゃん。わたしは、ただ――」

「ただ――、なんだ?」

 

無言でホエール君1号に視線を落とすあすかさん。

 

「利比古を、もっと大事に、してやんな」

これもまた、5・7・5のリズム。

さっきのあすかさんの「もうちょっと、ホエール君で、あそぼうよ」といい、川柳の才能に恵まれた兄妹なのだろうか。

――もとい!

 

「アツマさん、あすかさんは、おおむね、いつもどおりだと思います」

「そうかあ??」

「ただ、いつもと違うのは、きょうがバレンタインであることで、たぶんそのせいで、微妙にテンションの違いが――」

利比古くんの、無理くり理論!!

 

……わぁ、びっくりした。

 

「バレンタインだからって、いつもと同じでしょっ。きょうがバレンタインであることは……たしかだけど」

「あすか」

「なにお兄ちゃん」

「日本語崩壊を、おれは見た」

「バ、バカ兄(あに)」

「――めちゃくちゃなことを言ってるのは、おまえのほうだぞ、あすか」

ううううう

「せっかく――国語の成績、おれよりいいんだからさ」

最高点、85点!!

 

……そう、謎のことばを言い放ちながら、

あすかさんはキレて、ティッシュの箱をアツマさんに投げた。

 

 

× × ×

 

あとでわかったことだが、

アツマさんは、あすかさんからチョコをもらったら、速攻でぜんぶ食べきってしまったらしい。

「おれは食べるのが早くてさ」とは、本人の弁。

 

バレンタインチョコとの向き合いかたの――多様性か。

Diversity。