【愛の◯◯】後輩男子の徹底的なやり込めかた

 

桜子さんが、スポーツ新聞部の活動教室で、受験勉強をしなくなった。

 

どういう心境の変化だろう。

 

× × ×

 

東京中日スポーツを机に広げている桜子さんが、

「ねえ、あすかちゃん」

とわたしに話しかけてきた。

「なんですか? 桜子さん」

「あすかちゃんにとって――、

 アルファベットのDって、どんなイメージ?」

 

ええっ。

えええっ。

 

「どうしてそんなこと訊くんですか……」

「秘密よ」

東京中日スポーツをパタパタさせながら、

Dっていう文字から、あなたはなにを連想するかしら」

はためくトーチュウの紙面を見ながらわたしは、

「中日……ドラゴンズの、D

「言うと思った」

吹き出しそうになりながら桜子さんが言う。

いったい、なにがしたいのやら。

 

桜子さんは自分の席に座っている。

立っているわたしを見上げながら、しゃべっている。

その、見上げる目線が、顔よりも下に行っているような気がしてならない。

「あのー、桜子さん」

「なーに? 物申したいことでもある?」

「あります」

「どうぞご意見を」

「ご意見というより……目線を上げてください」

「あ」

「『あ』ってなんですか『あ』って。顔を見てしゃべってください」

「ちょっとまって」

 

――しだいに、

彼女の目線の矛先(ほこさき)がどこに向けられているのか、

彼女はわたしの身体(からだ)のどこにこだわっているのか、

そういうことが、わかってくる、わかってきてしまう。

 

アルファベットのDって、まさか――。

 

――わたしが勘付き始めると同時に、入口の扉が開いた。

顧問の椛島先生だ。

 

「よかった、茶番が終わる」

胸をなでおろして、椛島先生のほうに向く。

「先生、よく来てくれました」

「えっ、そんなわたし待ち遠しかった、あすかさん」

「困っていたので――」

「困りごと!? どうしたの」

「――困ってたんですけど、先生の到着と同時に解決しました」

「そ、そう……」

 

× × ×

 

先生が、差し入れを持ってきてくれた。

わ~い。

 

みんなで食べながら、ワイワイガヤガヤ。

 

Dがどうとか、さっきの問題発言のことなど忘れてしまったような素振りで、

「先生、学芸大って、どんな感じでしたか?」

と、桜子さんが質問した。

「気になるの? 一宮(いちみや)さん、もしかして受けるつもりなの」

「いえ、純粋に、先生の大学時代のことが知りたかっただけです」

「知りたいと言われても、面白い思い出話なんて、あまりないよ」

「そうですか? 先生、大学時代に演劇をやられていたんですよね? 演劇関連のエピソードとか――」

「たしかに、わたしはずっとお芝居してきたけど……」

 

「先生は宝塚ファンでしたよね」

「よく憶えてたね、岡崎くん。びっくり」

「ウチの祖母と母もそうなんで」

ホント!?

「……以前話したような気が」

 

「宝塚の話に持っていかないでよ。先生の演劇のことのほうが聞きたいんだからね」

ツンツンと、桜子さんが岡崎さんを戒(いまし)める。

「わかってるよ……。おれだって、先生の演劇には関心がある」

「ほんとかしらぁ?」

「嘘じゃないっ!!」

「意外。ひとは見かけによらないのね」

「桜子おまえなあ……!!」

まあまあ。

 

「こら、ケンカしない」

椛島先生の教育的指導が入る。

シュン、とするふたり。

 

「あれでいいのか? あすかさん」

難しそうな将棋本を閉じて、加賀くんがボヤいた。

どうしようもない光景を眺めているような眼。

「あれでいいんだよ、にぎやかだし」

「ほったらかし、ってか……」

 

あれはあれで、いいとして。

わたしは、加賀くんの、とある『過去』を忘れていない。

 

「加賀くん、なにか思い出したりしないの?」

イジワルだなあんたは……と言いたげな顔になる、後輩男子。

「思い出さないわけないよね」

だって、

加賀くんは、むかし、大学生だった先生のお芝居、観てるんだもんね

忘れてないよ、わたしは。

今年の4月以来、『放置』されてた『設定』だけど。

あ、『放置』とか『設定』とかは、ブログの事情的な話です。

――とにもかくにも、

実は、浅からぬ縁(えん)があった、加賀くんと椛島先生。

「思い出話に花を咲かせてくるのも、いいんじゃない?」

「…べつになんにもねーよ。ガキの頃のことだし」

「でも憶えてるんだよね」

「……自分から観た芝居じゃないし。観せられただけだし」

「でも、印象には残ってる」

歯噛(はが)みする加賀くん。

「加賀くん、もっとちゃんと向き合わないと」

この際だから、お説教モードに入っちゃえ。

椛島先生に向き合うのは、もちろんのこと。だけど、それ以外にも、キミはいろいろ向き合わなきゃ」

加賀くんの眉間にシワが寄る。

わたしは、眼を離さない。

「しっかりしなくっちゃ。もういくつ寝ると、2年生でしょ」

「なに言ってんだ、まだ早(は)えーよ」

「そういう意識がダメなんだよ」

じっとりと、加賀くんに視線を据(す)える。

「…わたしが次期部長。必然的に、加賀くんが次期副部長」

この事実を、理解(わか)らせる。

「責任重大」

後輩だって――きっとできる。

加賀『センパイ』って、呼ばれるようになるかも。

もうすぐ、そんな季節が来る。

「――いろいろ、ちゃんとしないとね」

 

わたしの話、

抽象的すぎたかな。

 

説得力、ないか。

 

肩を落としていると、

椛島先生が、わたしと加賀くんのほうにやってきた。

教壇に、そっと腰を下ろして、

「あすかさんは、偉いね、大人だね。わたしのほうが勉強になる」

「そんなわけ……ないです。たいしたこと言えてないし」

「加賀くんは、あすかさんが話したことを、心に留(と)めないとダメよ?」

加賀くんの横顔に、椛島先生のご忠告がぶつかってくる。

キョロッ、と、先生の顔を、少しだけ見る加賀くん。

もしかして、先生に面と向かうの、恥ずかしかったり?

いや、

これはそうだ、

ぜったいそうだ。

加賀くん、椛島先生に対しては――照れるんだ。

「しっかりしなきゃならないのはもちろんだけれど、」

うれしそうな顔になって、先生は、

「ちゃんとするようにもなってきてるのよ――彼」

「『彼』って、おれは眼の前にいるんですけど」

「ほらね。敬語が使えるようになってるでしょ? すごい進歩だと思わない、あすかさん」

「思います、思います」

「宿題だって、提出できるようになったのよ。期限遅れは別にして」

「それもすごい進歩じゃないですか!」

「……ふたりだけで盛り上がりやがって」

「汚いことばづかいは反則負けだよ、加賀くん」

「そうよ、あすかさんの言う通り」

「……」

「加賀くん、国語教師のわたしから、宿題出します」

「……」

「『蚊帳(かや)の外』ということばの意味を、調べてくること」

「……いつまでに?」

「終業式までに」