【愛の◯◯】ただの激励だから

 

テーブルの支柱(しちゅう)に足をぶつけて、目が覚めた。

いったぁ……。

なんでわたしって、こんな寝相悪いんだろ。

ほんと、バカ。

……。

 

起きるのが早すぎたかもしれない。

まだ外は暗いと思う。

早起きの愛も、いまだスヤスヤとベッドで眠っている。

 

読書灯を借りパクして、ついでに積ん読の山からこぼれ落ちてきた文庫本も借りパクして、しばし読書に耽(ふけ)る。

 

やがてカーテンの隙間(すきま)から明かりが漏れ、朝になるのに呼応(こおう)するように、愛がむくっ、と起き上がる。

「――祝日だから、目覚めが遅くなっちゃった」

「いつもはもっと早起きなの?」

「あ、さやか」

「おはよう」

「おはよう」

「ごめん、勝手に読書灯使っちゃってる。文庫本も、そこらへんに散らかってたから、もったいないと思って」

「もったいない、って」と愛は笑う。

勤労感謝の日だよ、愛」

「そうだねー。

 働いてる両親に、感謝しないとね」

「わたしは、父さんと兄さんに」

 

× × ×

 

受験勉強の合間に、訊いてみた。

「――読書灯、前はなかったよね」

「利比古から誕生日プレゼントでもらったのよ」

「ほー。うらやましい」

「でしょお? 弟、ほしかったんじゃないのぉ、さやか?」

「あのねー、そんな顔されたらほんとにほしくなっちゃうじゃないの」

「あげないよ、利比古は」

「……わたしには兄さんいるし」

荒木先生もいる

 

……ほんとにもうっ、愛は。

 

「荒木先生はきょうだいじゃないっ」

「でも、将来的には、さやかの――」

「『家族になる』、とか言ったらブン殴るよ」

「ええっ、さやかこわい」

「――じょうだんだけどさっ」

 

わたしは思わずため息ついて、

「荒木先生、吹奏楽部で、ますます阿久井(あくい)先生の陰に隠れてるみたいで」

「それどこ情報よ」

シャープペンをクルクル回して愛が食いつく。

「どこからともなく……。なにもさせてもらえないんだよ、阿久井先生が威張ってるから」

「阿久井先生がどんどん悪役になっていくなぁ」

「まぁ、わたしが荒木先生の肩、持ちすぎてるのかも」

「しょーがないよ、さやかだもん」

愛は、シャープペンでわたしを指差すようにして、

「荒木先生をさ、元気づけたい、とか思わない?」

「思ってる。」

「――『6年劇』の準備のとき、さやか、荒木先生にバイオリンの演奏、聴かせられなかったじゃない」

せっかくBGMを荒木先生が作曲してくれたのに、出張で先生不在の収録になってしまった。

そのことを、愛は言っているのだ。

「ぜったい心残りだよね、そうなんでしょ」

 

そうだよ、

心残りだよ。

でも――そんな眼で見つめてくるなっ。

 

「荒木先生に弾いてあげようよ! バイオリン」

「……わたしの問題で、愛の問題じゃないからっ」

「だけど、『その気』って表情じゃん、いまのさやか」

 

なにも言えない……。

 

「……バイオリン弾いてるヒマあったら、勉強する」

 

なにも言えないから……はぐらかす。

 

わざとらしい演技で、数学の参考書とにらめっこする。

 

いっぽう、愛は立ち上がって、CD棚に歩いていく。

 

愛の部屋のCD棚、わたしの部屋のCD棚より、たくさんCDが入っていて、ジェラシーを感じてしまう、

……じゃなくって。

そんなこと考えてる場合じゃない。

そんなことより勉強だし。

でもCD棚を物色してる愛のことを考えると、参考書の文字が、まるで得体のしれない言語みたいに見えてくる。

 

「集中できないじゃん、愛」

「どうして?」

「あんたは別のことに集中してるみたいだけどさぁ……。

『荒木先生に弾いてあげる曲はどんな曲がいいか』とか、余計なおせっかいだから」

「どうしてわたしの考えてることわかったの!?」

「だれだってわかるよ」

 

参考書を伏せて、ジリジリと苛立つ。

 

「さやか、

 クラシックがいいと思う? それともUKロック?」

だからっ!! 余計なおせっかいって言ってるでしょっ

 

軽く怒鳴りつける。

あくまで、軽く、軽く。

 

素直に愛はテーブルに戻って、

「ごめんね」

「はい、よろしい」

わかればいいんだよ、わかれば。

「自分でなんとかするから。わたしそんなにヤワじゃないから」

「ヤワじゃないって??」

「――、

 いちばん肝心なことぐらい、自分で考えて、自分でケリをつけられるから、さ

 

しかし、眼の前の美少女は、なぜか心配そうな声になって、

「……お母さん心配だよ。さやかがちっとも具体的なこと言わないから」

勝手にお母さんになるなっ!!!

 

 

× × ×

 

 

「アツマさん、ほんとうにありがとうございました」

「愛がうるさかったみたいですまんかったな」

「はい、騒がしかったです」

笑ってアツマさんにレスポンス。

 

「……どうせわたしは根っからおてんばよっ」

アツマさんの横でスネる愛。

そんな愛に、

「明日からまた学校だけど、あんま調子に乗っちゃダメだよ」

「乗らないから、調子」

「信用ならないなぁ……。

 あ、それと、」

「なーに??」

「…朝ごはんも昼ごはんも、美味しかった。作ってくれて、ありがとう」

「美味しかった? うれしい!」

「さすが愛、だった」

「簡単なものしか作らなかったんだけどね」

「でも、わたしには、あんなに美味しく作れないから」

 

× × ×

 

 

良妻賢母――なんて、古いか。

 

お邸(やしき)の入り口まで、愛が見送ってくれる。

 

「――しかし、ほんとうにあんたらの邸(いえ)は広いねえ」

建物の玄関から敷地の入り口まで、かなりの距離がある。

 

玄関と入り口の中間地点あたりで、立ち止まる。

それとなく、外の通りに人気(ひとけ)がないのを、確認する。

 

「このへんでいいかな、さやか」

「うん、またあした、

 ――と、いいたいところだけど」

「……?」

 

 

 

 

 

 

 

な、

 な、

 なに、いきなりわたしハグしてんの、さやか

 

答えてはあげない。

ボーンと、愛の背中を叩いてあげる。

 

ひとしきり赤くなった愛に、

 

「激励。ただの、激励」

 

ほんとうに、激励だった。

それ以外の、意味はない。

 

「じゃあね。またあした」

 

湿っぽくなりすぎないうちに、背を向けて、お邸(やしき)の外の通りに出る。

 

愛の身体(からだ)、たぶんわたしの身体より、やわらかい……と思ってしまう自分が、ちょっとだけ、イヤになる。

 

 

愛。

がんばろうね。

また、あしたからも。