愛の読書

【愛の◯◯】読書量がピンチ!?

愛がハードボイルドを語ろうとするが、まさかの・・・? ※筆者は結城昌治『ゴメスの名はゴメス』に関心を持ちました

孤独の文学少女(後編)

「は、ハイデガーの、存在と時間!?」 つい、声に出して、言ってしまったわたし。 その、ちくま学芸文庫版『ハイデッガー 存在と時間 上巻』を読んでいた子が、気づいて、わたしのほうを見た。 やっぱり、同学年だった。 問題は、その子が、明らかにわたし…

孤独の文学少女(前編)

わたしは文芸部に入った。 文芸部に入るとき、心に誓ったこと。 それは、「上から目線にならない」ということだった。 伊吹先生の授業で、「文学史クイズ」に全部自分が答えてしまったことの、反省。 つまり、知識をひけらかさないこと。 他の部員をバカにす…

愛、柴田翔『されど われらが日々ーー』の語り手にキレる

新装版 されどわれらが日々 (文春文庫) 作者: 柴田翔 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/11/01 メディア: 文庫 クリック: 7回 この商品を含むブログ (23件) を見る 愛は難しい顔をして、柴田翔『されど われらが日々ーー』を読んでいた 流さん「どうし…

クリスマスプレゼントは愛の原点

・クリスマスの朝ーー 起きて、部屋から出ようとした愛だったが、ドアを開けると、足元に何か包みが置いてある。 愛「これは……もしや(;・∀・)」 × × × × × 愛「ちょっとちょっと」 アツマ「なに」 愛「( ^ω^)」 アツマ「なに、その満面の笑みは」 愛「…

愛のライバル登場!

愛の眼にも涙!?

暴風雨とオアシス

・台風の影響で、学校が休校になった 愛「洗濯物も干せないわね……わたしそろそろ髪切ろうかな? って思ってたんだけど、これじゃあお外に出るのは無理ね」 あすか「やだなあ、そもそも、わたしたちが通ってる美容院は月曜定休じゃないですかw」 愛「( ゚д゚)ハ…

投票日の前日だ! 高村薫の読書感想文書いて、ベルクソン読んで、ACIDMANを弾こう!?

戸部アツマの妹が登場!!

文学少女はファブリスがお好き

シュガータイム (中公文庫) 作者: 小川洋子 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1994/04/01 メディア: 文庫 クリック: 13回 この商品を含むブログ (51件) を見る 愛「かおるちゃんの大学の友だちに、真由子って娘がいるの」 アツマ「ふぅん?」 愛「で、か…

たとえば、中学に入ってから900冊本を読んだ女子中学生がいるとして。

○戸部邸 羽田愛(以下、愛)「ただいま帰りましたー」 (おかえりなさーい、という、戸部家の母・明日美子さんの穏やかな声) 愛、丁寧に靴を揃え、居間に上がる。 通学カバンを、そこらに放り投げるのではなく、ソファーの脇にきちんと立てておいて、ソファ…