さやかのバイオリン

【愛の◯◯】優しい音色の奏でかた

冴えないアツマの育てかた(爆)

孤絶の文学少女(前編)

某日放課後 「ふー終わった終わった」 あれ……? どこからか、バイオリンの音が聞こえてくる。 弦楽部の練習場所とは反対側のーー。 わたしは、思わず、そのバイオリンの音に引き寄せられるように、音がする方向に歩いていった。 すると、見覚えのある誰かが…